MMRT daily life

オレログ!

ERさんも車検

2014/4/19 (土)

ちょぱロス症候群からまだ抜け出せないですが、今週末には車検が切れるのでERさんを通してきた。

2年経つのが早い!w

ちょっとびっくりしたのは、「向こうの都合」で消費税5%で車検したTRXよりも8%で通したERさんの方が費用が安いってこと。(数百円ですが) なにやら13年超は重量税が上がったらしい。ちょっことネットを見ても、重量税は重たい車のほうが道路に負担を掛けているという理屈なのに車齢に合わせて上げるというのはおかしい!ってありました。納得です。その理屈を行使すれば、なぜ圧倒的に軽量なバイクが軽自動車クラスなのか?という問題に突き当たりますが・・・。 :twisted:

正しいことをしたければ偉くなれ

はいはい、弱者は搾取されるのみですね。はいはい。 :evil:

ツイート

キミを忘れない

2014/4/16 (水)

在りし日のちょっぱー

人生二通りある。「徐々に・・・」と「急に・・・」だ。今回はかなり「急」だった。

昨晩、2014年4月15日 午後10時45分ごろ。我家の愛犬 ちょっぱーが急逝した。もう本当にびっくりでしかなかった。昨日あたりから調子は悪かった。でも、散歩は行くし、エサも少しだけど食べてた。この時期、いつも食欲が減るので、これはこれでこんなものかな?とも思ってた。

4月15日 朝。散歩の足取りは重い。いつもの半周で終了。除草剤にやられたかな。散布したかどうか判別できないのでよくわからないことが多い。昼は昼で調子悪し。肩で息してる。こんなことが今まであっても3日ほどで回復してたので、ボクらには不死身伝説があるほどだ。夕方は散歩に行けなかった。歩けないんだ。これは彼が来てから初めてかもしれない。

その夜、玄関は開放して好きにさせてあげた。でも、その時そんなにボクらは心配していなかった。気になっていたけど、まさかでしょ。

10時40分ごろ、くぅんくぅんと呼んだ。甘えた声で訴えるいつものアレだ。やっと元気が出てきたのかと思い、駆けつけるとすでに彼は息絶え絶えだった。急いで嫁さんを呼び、傍にいたが、5分ほど苦しんであっさり彼は旅だった。おい、早いじゃないか! 早すぎるんじゃないか! どんどん濁っていく目と冷たくなっていく体はそれが本当だと告げていた。

号泣する嫁さんの横でボクは涙も出ない。とにかく信じられなかった。こんなにあっさり逝くものなのか。瞬時にボクは後悔の念に襲われたが、今更どうすることもできない。もっとああしてれば、もっとこうしてれば・・・。もう遅い。

彼に悔いはなかったか、この家に来てよかったか、もう聞くことはできない。でも、ボクらはキミといて幸せだった。心配することはない。あっちへ行ってもばあちゃんやノンちゃん(チャリダーさんちの愛犬)がいるよ。どこというところにも連れていってあげられなかったけど、よかったかな? 止めどなくそんなことが思いめぐる。

ありがとう、ちょっぱー

ツイート

整備は勢いです

2014/4/9 (水)

さて、ずぶ濡れマシンER-6n。ボクのバイクに何してくれるのか、社長。(すいませんすいません)

翌日処理ですが、早いにうちに整備しとかないとサビを呼んでしまいます。乾いているようですが、アンダーカバーの中に砂があったのでエアブロー。ついでに色んな所をブローしてみると水が出てきます。ラジエーターコアとか、リアサスの付け根とか、チェーンとかね。

グリスアップした

所定の位置に動かすときに気がついたのが、ハンドルを左に切るとカツっという音。こんな音してなかったのに。しつこく、音出ししてみるとどうもヘッドライトの奥っぽい。ん~、(今バラすか)どうしようかな。4月はどうも暇な日曜日がなさげなので、今でしょ!(古)

さくっと

レーダーも液晶が逝っちゃったみたいなのでついでに撤去。ライトAssyってネジ4本で簡単に外れるんです。どうも、クラッチワイヤーがどこかと当たってるみたい。外すと音が出なくなりました。

う~ん

うひひ

ついでに、ライトバルブ交換。(ぇ
さすがに最近のバイクだけあって(TRXとは違って)、光量に不足はないのですが、黄色いのがねぇ。前々から気になっていましたが、さすがに他人のバイク。そこまでは踏み込めませんでしたが、多めに車検代ももらってるし、ここは替えときましょ。草葉の陰で社長も許してくれるでしょう。(殺すなって

ERさんも新車から7年目。バッテリーも怪しげだし、色んな所に細かく手を入れる時期。今度、リア周りのシャフトのグリスアップでもしてあげましょうかね。あと(最低)2年あることだし。 :mrgreen:

【社長の走行距離】 約197km (ER-6n ODO 15181Km)

ツイート
1ページ123...1020...最後 »