かっこいい~

国道沿いに新しく大型のショッピングモールができていた。オープンしたばかりらしく、駐車場は満車状態。車の出入りが激しい。ちょうど通りかかると前の車が警備員に静止され、私も止まることに。

警備員はすばやく反対車線も封鎖して、出口のたくさんの車の誘導を始めた。平日の昼間とはいえ、国道なのでたちまち大渋滞に発展する。その警備員が行きおいよく赤い棒を回し始めた。車が出てくるは、出てくるは。上り、下り車線に散っていく。オイオイ、いつまで止めとくんなら。ドンドン手をまわす勢いは増していき、出口に向かう車に合図している。早よ行け、早よ行けと顔が言っている。最後の車が出て行き(10台ちかく)上り&下り車線の車に礼をして、我々を解放してくれた。戻りざま、奥にいる同僚に右手を高だかと上げてOKサイン。「やったぜ」と言う声が聞こえてきそうな姿だった。

このとき思ったのが「かっこいい∼」。何かしら妙にかっこよかった。完璧な仕事をしたときの姿はかっこいい。自分はどう見られているのか気になるところだ。ただ、完璧に仕事が出来たとき自分で「オレって天才!」とか「ようやった。なかなか出来んぞ。」とか思い、自分に酔ってしまうのはアリ? 「いやいや、仕事ですから。」と謙遜できないところがまだまだか。いずれにせよ、気持ちいいのは確かだろうな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)