祝!1ヶ月。

日記が続いている。
小さい頃はあれほど続かなかった日記が続いている。なぜだろう?嬉しい反面非常に不思議な気分だ。
 
あの頃と違うのは、日記帳に鉛筆で書くのと仕事場でキーボードを打つのとの違いだけじゃないんだろうか?あの頃にとっての社会は『学校』だった。へたすれば『学級』だったかもしれない。そんな狭い範囲で経験できることは限られている。だから書くことがなかった?あるいは内面をさらしてしまうのが怖かった?のかもしれん。

今と言えばWeb上での日記なので、メッタやたらのことは書けないし、みんなが見ているという意識が働く。にもかかわらず、この『書きっぷり』!(キレっぷり?) 私の中で何かが覚醒したのだろうか?ニュータイプになったアムロのように・・・。(そんなええもんじゃねぇ)

そんなに訪問者の多いサイトではないので、あまり人目も気にせず書いている。別にウケを狙っているとか(多少はある)メッセージを伝えたいとかいう意思はないつもりだ。書きたいことを書く。ただそれだけなのだ。

なによりも続けると言うことはエネルギーが要るが すばらしいことでもある。いつまで続くかはわからないが、努力はしていきたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする