お題『信頼関係』

よくよく考えてみれば、この世の中はすべて『信頼関係』で成り立っているようなものだ。夫婦、親子、親友、近所同士、企業間・・・。すべて信頼なくしてはありえへん。(笑) 

信頼=安心みたいな。この関係は、相手をよく知ることから始まり、そしてそれには、長い時間を必要とする。いきなり会った相手を信頼できるわけもなく、始めは現金払いからである。(商売上は) 例えて言うなら、綿菓子。割り箸を突っ込むとこから始まり、回すほどに大きくなってゆく。いきなりは大きくならない。あくまで徐々にだ。そうやって築いてきた信頼関係もちょっとした誤解、或いは裏切りで簡単に消滅してしまう。以外に脆かったりする。こうなると再び信頼関係を築くのに倍くらいの時間と労力がかかるだろう。綱渡りのようでもある。綱から縄梯子、平均台くらいになっていずれは石橋くらいの信頼関係になりたいものだ。

信頼関係っていうことは最初に誰かに出会わなくては。その出会ったときの印象なんかで信頼する度合いが変わるってことはないだろうか?私的には、好感が持てないと信頼もできないと思ってる。好感度の大小が、信頼度の大小に等しい?ん∼、わかんないー。(爆)

でも、そんなことを考えながら付き合ってるわけではないので、いつの間にか信頼できる人に
なってたってなとこでしょうか?暗黙の了解みたいなとこがあるので、確認しあうこともないし、その必要もないだろう。そういう仲が、『信頼関係』じゃなかろうか?

【きのうのつづき】(食後に読まないでください)

例の車を納車してきた。今日は暖かかったので、昼間はやめ(ニオイがキツイから)にし、夕方動いた。とはいえ、窓全開はまだ寒い。まともに運転すると吐きそうになるのでおほほっみたいに右手の手の甲で口と左の鼻の穴を塞ぎ、窓枠にひじを着いて運転する。不幸にもMT車だったので、路地では両手でハンドルを持たなければ、ちと怖い。ここで発見!左の鼻の穴のほうが嗅覚が鋭い!右だけだとなんとなく香ってるかなというくらいなんだけど、左を開放すると吐きそうになってしまう。(爆)別に右は鼻が詰まっていたからじゃないよ。(どっちでもええやん) 15分くらい乗っていたんだけど、既に移り香が。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)