け・ケ・毛

ついに脱毛の季節がやってきた。(笑)

約1回/週のペースで、ドライシャンプーはしてるのだが、先週の予防注射の件もあり、ちょっとひかえてた。が、少々、犬くさいのでドライシャンプーを決行してみた。足の長いブラシだったのだが、抜けるわ、抜けるわ。きたきた∼って感じ。(笑)こりゃ、ほっとくと、荒野の用心棒だわ。早速、毛取用ブラシに替え、ブラッシング♪ところが、ちょっぱーくんは、このブラシが御気に召さないらしい。さっきのブラシだと恍惚の表情でおとなしくしているのだが、このブラシだと戦うちょっぱーに変身してしまう。このブラシは、1cmくらいの長さの細い針金が10cmX5cmのなかにびっしりと生えているブラシである。毛を絡めて取るようなもんだろうか?ひょっとしたら、抜けない毛は引っ張られて痛いのかもしれん。とにかく、ガウガウとかじりついてくるもんでやりにくい。主に尻尾周りをやられるのがイヤなようだ。左手で首輪を持ち、顔を遠ざけるようにして
ブラッシング続行。取れる、取れる。あっという間にどらえもん・・じゃなくて、びっしりとブラシに張り付き、それ以上取れなくなってしまう。んなもんで、ブラシを掃除して、再トライ。この繰り返しを何度やっただろうか、取れる毛の量は減ることを知らない。それでも体は一回り痩せたかのようだ。現に首輪がグスグスである。恐るべし、犬の毛。ダイエットするのに、毛を抜けばいいなんて、うらやましがる人も多いんじゃないだろうか。
 
あまりに悪戦苦闘しているのを見かねて、嫁さんが来てくれた。ちょっぱーの注意を引いているうちに「ブラッシングしてしまえ作戦」のようだ。前足を体に立てて、嫁さんの顔をしゃぶるちょっぱー。今のうちだぁとブラッシングしながらも、顔しゃぶりだけはできんなぁと思う私だった。噛まれようが飛びつかれようが平気になったのだが、顔をしゃぶられるのだけは抵抗がある。顔と書いたが、実は「鼻&口」と「耳」を重点的にしゃぶられるのだ。(ぞぞぞ) 前者の場合は息が出来ないようだし、後者の場合はくすぐったくてだめみたいである。まだまだ、修行が足りないようである。(修行しようがないしぃ)

嫁:「(抜ける毛が)うらやましいんじゃろ、あんた。」
ま:「やかんしぃー!」

一言多いのがタマにキズ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム