現実は厳しい

昨日は、ゆったり、まったりだったが、「加藤大治郎選手死亡」というニュースを見て吹き飛んでしまった。回復傾向にあると思っていたのに非常に残念だ。私たちに夢を与えてくれた加藤選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

どんよりした天気で始まった今週。気分もどんよりだ。しかし、時間だけは過ぎていく。なんの恨みがあるのか、仕事のほうも原因がわからないものを3台かかえ、(ついでに頭も抱え)途方にくれる今日。なにか歯車がずれてしまったかのように、すべてがうまく回らない。こんな時は、焦らず、騒がず、落ち着いていこう。そのうち歯車もかみ合うようになるときが来る。(早よ、来いよ∼)

『価格破壊』もここまできたかというくらい安い見積を出すヤツがいる。なんでこれでできる?これでやっていけるの?と聞きたくなるよ、ほんとに。自由競争とはいえ、仕事を取るのも厳しいご時世だ。私で2代目だが、実に3代目はないと思っている。向き不向きはあるといえ向いていてもこの仕事を勧める気にはなれんなぁ。自分の子なら、なおさらだ。チッチャイ会社なんぞ、大企業の薄利多売攻撃に耐えられようがない。この業種も後継者不足で廃業に追い込まれているところも多いと聞く。後継者だけの問題ではない。仕事自体減る傾向にある。あーぁ、なんて悲観的考え。もっと楽天的に行こうと思っても、きびしい現実はそれを許してはくれなかったりする。時代についていくしかない。新しいものの中から選び出す目を養っていくしかない。(なんだかなぁ)

時折、そんなことを考える。自営業も大変なのよ。(ホンマ) でもそれはくよくよ考えても仕方のないこと。じたばたしながら生きていくのが人生だ。がんばる気さえあればどうにかなるさ。生きているだけ幸せなんだから・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)