事実はこうだ!

今日は日曜だと言うのに6時から起こされ、眠い眠い。嫁さんが朝市に参加するので、起こされた。私は行かないが、ちょっぱーが出て行くときに騒ぎ出すので、散歩に行ってる間に抜け出すためだ。(なんじゃそりゃ) 散歩中、ボッーとしていたので、後蹴りを食らってしまった。いてーな、ちょっぱー。

先日のゆうの硝子割り事件は、私の場合と違う結末を迎えた。よく聞けば、別に騒いでいたわけでもなく、廊下側の扉の近くに3人並んでおしゃべりしていると誰かに押された1人が倒れ掛かってきたので、体をのけぞって避けたんだそうな。そしたら頭に扉が当たって、扉が廊下側に倒れて、ガラスが割れたんだと、たんこぶを冷やしながら彼は語ってくれました。(笑) しかし、幸いなことに廊下側には誰もおらず、怪我人はなし。ただ、硝子の請求書がきただけなのでした。(1/3だけどね) 初めから扉はがたがたしていたらしく、いつか外れそうと皆で言っていたそうな。先生もそういう事実がありましたと電話連絡してくれるだけで、後は3者間で何とかしてくださいみたいな。。。(硝子が直りゃええみたいに聞こえるで) この頃の先生たぁ、そんなもんかねぇ?(江戸っ子でぃ) なんだか少しさびしくなるのであった。

最近の学校、なんか変。当り障りのないように深く突っ込んではこない。そんなんでええんか? 怒る時はびしぃっとやってくれるほうがいいんだけどな。あれこれ言ってくる親が多いちゅうことか。昔は先生と言えば、絶対的な存在だったものだ。先生のやることは正しいし、言うことはもっともだ。なんか一段上にいて、敬語を使う人だったはずなのに。あー、それなのに(笑) 今ではタメ口ですよ。友達気分なんですってば。なんか納得できないなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする