未体験ゾーンへ

今一歩、奥まで踏み込めないのが私の悪いトコ。わかっているだけに歯痒い。人付き合いも、仕事も、バイクも、そして日記もそうだ。なんだか怖く、なんだかテレくさい。

当り障りのないよう生きてきたような気がする。しかし、事態は変わりつつある。(ように思う) AB型には珍しく(笑)、ここ数年アグレッシブである。(そんな気がする) HPを開設してから結構変わったように思うのだ。一つの生活の楽しみになっているのは間違いない。

話は変わるが、嫁さんと出会ったのは、一回目の3年の時だったろうか?(爆) 地元の高校からの友人K君に紹介してもらったのがきっかけだ。彼は医療短大を卒業して既に病院に勤めていたので、せっついて 3:3で会うことになった。夏休みだったので海に行ったと思う。運命の出会いちうやつですな。まま、楽しく過ごして、お開きに。私的には可もなく不可もなく、「次行こ、次。」 みたいな感じだった。(私の好みは美人だ) しかぁし、後日ご指名されてしまった。当時まだ気弱だったので(笑)、イヤとは言えなんだ。なんだかエラク気に入られているようである。夏休みも終わりに近づいたので、そうそうに大学に戻った。内心、離れれば熱も冷めてしまうのではないかと思ったから。別にきらいじゃなかったんだけども、合わないような気がしたのだ。

大学に帰るとすぐに荷物が届いた。大量のプレゼント攻勢だ。彼女は社会人だったので金にモノをいわせたようだ。ついモノにつられてしまった。(不覚) 下宿の奴らもわんさか来て、さんざん冷やかされてしまったし。それ以後の嫁さんの行動力は特筆に価する。(爆) それこそ、新幹線を使ってよく来た。金がなくなると鈍行で来た。(根性の人です) 今までそういう人種に会ったことのなかった私は、たまげた。(笑) 相手をよく知れば、だんだん染まっていくものである。だが、4、5年後に結婚するとは思いもしなかったが・・。

こんな話が書けるようになったのも変わった証拠。もっと変われれば、続きも書けるかもね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)