現代ツナギ事情

世の中、衣替えのシーズン。昨日今日と暑かったので、そろそろ半袖にしようかと思う。作業着(=ツナギ)にもいろいろパターンがあって、冬用、夏用、その中間の3タイプに分類される。(自分は) 

【冬用】 ひたすら防寒性能を重視。新素材を使ったものもあるが、価格が高い。
【夏用】 ひたすら涼しいものを求める。脇、背中にメッシュが入ったものが多い。綿に限る。
【その中間】 普通に売っているもので十分。ナイロン混入も可。

【基本条件】
全体的に動きやすいのが基本。脇に「マチ」があるのがいいのと腰にはシャーリングが欲しいところ。ポケットは大きいのがいいし、ファスナーは必ずカバーがついたものを選ぶ。(車に寄りかかると樹脂製ファスナーとはいえ傷が入るから) 

【色】
昔は、白色しかなかったものだが(古)、青色が出現して以来色とりどりのツナギが選べる。好みとしては「濃い色」のもの。汚れが目立たなくていいんだ。(油シミとか) 今は「紺」。でも、今度はやめよっかな。全身「紺」で右翼団体?みたいだもん。(笑) 

【装備一覧】
左胸ポケットには、手帳(いろいろ入れて、厚さが2cmくらいある)、携帯(折り畳みなんで厚い)、右胸ポケットは、タバコ、100円ライター(落としても惜しくない)、8・10mmスパナ(+)(-)ドライバー(差し替え式)、ボールペン。尻ポケットに財布。左胸が重い。胸の大きい女性の気持ちがわかりそう。(爆) 

【耐久性】
寿命は、まちまちだが、3年は持つ。冬用ので5年以上と言うつわものもいる。(笑) 大抵、膝が抜ける。膝をつくことが多いので、薄くなりがちだ。注意事項としては、バッテリー液が絶対かからないようにすること。希硫酸がかかるとボロボロである。(あたりまえか)

明日から替えようかな? 半袖に替えたとたん、寒くなったりするんだよね。(ブルブル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする