それぞれの反応

先週の土曜に倒れてから、体の異常はないものの、外傷はまだ癒えてはいない。肩とか足は、服の下になるからわからないんだけども、顔は隠しようがない。未だに右目下は青アザが残っているし、鼻の周りも2,3箇所キズがある。「ぱっくり」とは書いたけども、それほどひどくなく、1cmくらい縦に少々深く切れたに過ぎない。顔のキズはたいそう流血するんで慌てるよね。でも、そうでもないじゃんってくらいのキズでした。(汗)

人対人が商売の基本ちうことで、この顔でいろんな人に会わなければならない。すると、2種類に分類できることに気がついた。

【タイプ1】
すぐに怪我に気づき、「どうしたんなぁ?」と聞いてくる人。なかには、「バイクでコケたんかぁ?」などと勝手に理由をつける人もいる。

【タイプ2】
チラッと見て、二度とはキズを見ず、話し続ける人。なかには、キズをシゲシゲ見ながらもその話題にもってこない人もいる。

【タイプ1】な人には、いちいち訳を説明するのがめんどくさく、【タイプ2】な人には、おーい突っ込んで来いよと言いたくなる。(自分もわけわからんなぁ) 親しい人には、はっきり言っているが、年配者が多いせいか、必ず説教される。(困) 酒が足りんのじゃないか?とか、レバーを食え!とか。(いらん世話じゃ)

病院通いで仕事の時間も減って、当初の目的を果せてないので、遅れている理由が必要になる。なんで病院通いをしているか? ある人には、ドアに顔をぶつけたといい、ある人にはちょっぱーに引っ張られて転んだと言う。ウチの親などは、めんどくさかったのか病気だと言ってしまい、その人にあったとき、その病気のせいでそんな顔なんですか?と言われアタフタした。(そんな訳ねーじゃん) 

さあ、あなたはどちらのタイプ?(オレは【タイプ2】かな?)(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする