ライター好き

今年も半分終わってしまった。早い、早すぎるぞ。そして、今日からタバコは値上げ。(T_T)

タバコといえば、火が必要だ。今時、マッチで火をつける人を見ない。マッチは何処に? 100円ライターに駆逐されてしまったんだろうな。私といえば、仕事は100円ライター、普段はジッポだ。仕事では軽くて無くしても惜しくない100円ライターが最適なのだ。タバコに火をつけるだけではない。道具がなければ、配線の被服を焼いて芯線を出すこともできるし、荷造りヒモも焼ききれる。サバイバルな道具なのだ。そんな100円ライターにも弱点あり!
長い時間点けていられないのと風にめっぽう弱いところだ。ちょっとあぶるのに火をつけていたら、口金が加熱され、分解してしまったこともある。(あれはビックリする) 

その点、ジッポは性能がよろしい。(笑) いろんなデザインのライターがあるし、あの開ける時の音がなんとも好き。カチャン、チッ、ボッ。今までいろんなライターを買った。当たらしモン好きであるからして、着火方式の変わったものに目がない。圧電方式のガスライターも買ったなぁ。カチ、カチ、カチ、ボッ。ガス式は、カラになるのが割と早く、ガスを入れにくいのが難点だ。ボンベをさかさまにしてライタの底の取り入れ口から入れるのだが、まっすぐ押してやらないとこぼれてしまう。(手が冷たくなる) 最近のガスは安全のためニオイをつけてあるのでこぼすとクサイ。(プロパン臭)最近は携帯の形をしたライターがあるらしい。アンテナを押すと火がつき、電話のボタンもピカピカ光るそうだ。(欲しかったりする・・爆)

大学の下宿では、この梅雨時にはナメクジとムカデがよく出没していた。ムカデなんぞは10cmオーバーなヤツもいたりしてびっくりしたものだ。それを退治する時に使うのが、ジッポオイル。廊下に追い出し、みんなで取り囲んでジッポのオイルを振り掛ける。ヤツも死にたくないので必死に逃げる。まず、オイルを食らうと動きが鈍る。そこですばやく火をつけるのだ。(メラメラ) 今考えるとなんという無謀な行為。廊下自体にもオイルはついているので廊下も焦げてる。天井には火災報知機がついていたのにお構いなしだった。(良い子はマネしないでください)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム