ADSL導入前第1期工事?

平日の仕事より疲れたかもしれない。会社のADSL導入に伴い、自宅もその恩恵にあずかろうとLAN接続する工事をしたからだ。

午前中に電器屋に行き、LANケーブルやLANボード、ブロードバンドルーターなどを揃える。はじめはLANケーブルは自作しようと思っていたのだが、圧着工具が1万オーバーするのであえなくあきらめる。(そんなに使うもんじゃないし) 50mケーブルを購入し、とりあえず、自宅から会社へ配線しておけばどうにかなるだろう。ただ1F∼2Fへ引き回すだけなんだが、なんせ木造2階建てみたいにいかない。1Fと2Fの間はコンクリートで仕切られているからだ。ここをどうやって通すかが、最大のポイントだ。当然、電気がきているからには、どこかを通しているはずだ。そこから通せばいいんだが、口で言うようにはいかない。午後から屋根裏に上がって、PC付近に配線を落とす。下では次男が待機し、壁にあけた穴から配線をピックアップする予定だ。だが、まっすぐには降りてくれず、作業は難航する。なんとかクリアし、最大の難関へと進んでいく。いくら、曇っているとはいえ、屋根裏は体感40℃は越えている。汗がボタボタ落ちる。息苦しい。1Fに落とすポイントを確認し、下に下りる。押入れの荷物をすべて出し、床を開ける。うぅ、開かない。確かここは開いたハズなんだけどなぁ。途方にくれつつ、押入れから出した荷物を見ると、大量のレコードが。100枚以上あるようだ。処分しようにもしきれなかったものたち。なつかしいなぁ。オレと嫁さん、それに弟のものが集まっている。これってお宝になるんだろうか?

そんなことをしている場合じゃない。意を決し、床を壊すつもりで開ける。くぅ、見事に壊れた。(泣) まあ、押入れの床だからどうにかなるっしょ。床下を懐中電灯で照らすとありました、1Fに通じる配管が。でも、床下にもぐらなければ。えらい狭い。棺おけに入るような感じ。無理やり体を入れ、LANケーブルを通す。床下の通気孔をのぞくとちょっぱーの鼻が。さすがぁ、においがするのね。埃っぽい床下からやっと脱出し、今度は会社へ。中二階に上がり、配線を事務所へ取り回す。事務所の中にまでは時間切れで入れられなかったが、ここまでしておけば、あとはどうにでもなるだろう。(大汗)

そのまま、ちょっぱーの散歩を済ませ、さっさと風呂に入る。風呂上りのビールが格別だ。(くぅぅぅ) いい仕事したって感じ。最近ゴロゴロしてたので、なんだか充実感でいっぱいだ。(オーバーかな?)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム