お題『学生時代に入っていた部活と思い出』(by わいちゃん)

中学時代>ボーイスカウト部
なぜだかこんな部があったんですよ。たぶんほかの学校にはないと思う。

小学校高学年からオリエンテーリング(磁石と地図を持ってポストを探す)に友人とはまり、日曜といえば山登り三昧の日々。中学に上がると山登りが好きな世界史の先生に出会い、彼が顧問をしていた「ボーイスカウト部」に入部。後から思えば、生徒と合法的に山登りをするために作ったんじゃないかと思われる節がある。それは先生がボーイスカウト活動に消極的だったから。「ボーイスカウト=山登り」ではない。キャンプや奉仕活動を通じて学区や学年を超えた、地域社会における教育活動するということで、カーブミラーなんかを拭いたこともあったなぁ。紐の結び方のテストとか階級テストなんかがあって結構大変だったりした。なんだかんだいっても楽しかったけ。

大学時代>MMRT
大学の部ではないが、仲間内で作った「Manukeno Masashi Racing Team」も部活動のようなものだ。なんせ顧問がいないので自由気ままに動き回っていた。あんなときは二度と戻ってこないよなぁ。なんせ提案はすべて通る。反対されても数人で押し通す。参加したくなければしなくていいので、やりたいものだけで集まるから、内容が過激になるのが難点か。(苦笑) 若いうちはムチャすべきであるというのが持論だ。なんせ記憶に残る。平々凡々に過ごしてしまうと思い出そうとしても何も思い出せないからである。(別に好き好んで苦労してるわけじゃないが・・) よくやりたいことが見つからないというが、まずやってみるべきではなかろうか? お金や時間がかかったりしても決して無駄にはならないと思う。

今も部活動は続く、MMRT HPとして。(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)