ビールをうまくするコツ

その後はウダウダしてたらもう昼だというふうになるんだが、なぜだか今日は体が動きたいと言っている。それではと前々から気になっていることでもしようか。

それは自宅へ通じる階段。鉄骨製で踊り場が2箇所ある約30段の階段。陸橋と同じく錆びるんだこれが。だいたい2年ごとに塗っているんだが、今年はその塗る年。そして滑り止めがあちこち取れかかっている。この滑り止めの下はいつも塗れないため、ここが錆びて雨で錆成分が階段全体に行き渡り、ひいては全体を錆びさせている。もうかんべんならん。子供ももう大きいし、取ってしまおう。そうすれば、塗り替え頻度も延びるかもしれんし。(ぐふふ) 軽い気持ちで10時ごろから取り掛かる。電源リールとサンダー、マイナスドライバーを用意。滑り止めゴムをはずし、土台をとめているネジをサンダーで擦り落とす。そしてマイナスドライバーでこじって取る。するとその下はサビサビで真っ赤だ。うぅ、ヒドイ。残ったネジをサンダーで落とし、錆びてる部分をサンダーで削る。朝だとはいえ、夏の日差しが照りつける。もうすでに汗でビショビショ。ポタポタ階段に汗が落ちてる。むふふ、これも狙いの一つ。仕事が終わった後のビールがうまいぞ。

一つ目の踊り場までは順調そのもの。ただし、この時点で軽すぎる決断を後悔している。ノースリーブTシャツ&短パン&サンダルという格好では、キツイ。(当たり前じゃ) 顔と腕は錆でザラザラ、足はサンダーの火花で熱いのなんの。当然、メガネ&防塵マスクもしてないため、目には入るわ、鼻の穴も真っ黒なんだろうな。それから2つ目の踊り場まで何とか到達。ビールだけが生きる望みだ。(笑) 惰性で頂上を目指す。これが遠いんだな。今までと同じはずなのにまだ済まない。かんべんしてくれ∼。脱水症になるぅ∼。ビールくれぃ!太陽は南の高い位置に位置に移動し、ウラウラと私をいじめ続ける。腰痛の再発を心配しつつ、頂上にたどり着く。もうねぇ、灼熱のエベレストに登頂した感じ。(笑) とっとと片付け、シャワーを浴びる。くぅぅ、気持ちいい。ついにビールにたどり着く。《カシュ!》くぅぅ、うまい。エアコンの効いた部屋でグビグビ飲むビールはうまい。飲んだ後、汗がドバドバ出る。うぅぅ、今飲んだビールがすべて汗になった感じだ。この後、「あしたのジョー」のように燃え尽きたのはいうまでもない。

【教訓】 思いつきで行動するのはやめましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする