お題『できなかったものが出来た瞬間』(by 森岡彌呂さん)

できなかったものが出来た瞬間は、そりゃ嬉しいに違いない。達成感とか安堵感もあるんだろう。でも、できなかったことがある日突然出来たりすることは「稀」である。出来るまでに長い道のりがあればあるほど、達成した喜びもひとしおだと思う。

私だったら具体的には『大工仕事』だろうか。大工さんに頼めば、早くてきれいな仕事をしてくれるのはわかっている。だが、ウチを立てた工務店は「バブル」と一緒にはじけたし(笑)、なによりお金がかかる。できそうにないことまで首を突っ込む気はないが、出来そうなところまで人に頼まなくてもいいんじゃないかという気持ちからだ。やればわかるが、実は失敗なんかを含めると大工さんに頼むのと変わらないくらい「金額」がかかることもある。そうなった場合、後悔もするが達成感も強い。

当然、大工さんのもとで修行したわけでもなく、資本と言えば中学時代の「技術」の時間くらいの能力しかない。(笑) 簡単なことから始めて自信をつける。その後は難易度を上げていく。これはできんだろうというものも出来たりする。非常に楽しい→またやる→さらに嬉しい→どんどんエスカレートする。デフレスパイラルの如し(例えが悪いなぁ)。

できなかったものが出来た瞬間に悟ったのは『いかにして失敗をごまかすか』である。(爆)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする