冷凍ビーム照射!

この頃、毎日平々凡々である。ピンチに陥ることもなければ、いいこともない。そんなに毎日が波乱に満ちているわけもないが、特に何もない日が続いている。いいことなんだろうけどもずーとそうだとそれが普通になっちゃうわけで・・・。なにか刺激が欲しくなるわけだ。

このところ、朝変な夢を続けて見ている。起きてすぐ内容を反復して、これは使える(爆)と思っているんだけど、いざ日記を書く頃になると、とんと思い出せない。そらもう皆目見当もつかないくらいに忘れている。どういう設定で、どういう状況なのかもうキレイさっぱり真っ白だ。(あるつはいまぁ)

ちょっぱーの散歩のため、その変な夢から目覚めさせられるわけなんだけど、嫁さんが実にイヤな起こし方をしてくれる。ヤツは長男の弁当作りのため、早起きをしているわけなんだけど、普段でも手が冷たいのに輪をかけて冷たくなっているその手を顔に押し当てたり、首筋をさわったりして起こしてくれるわけ。もう何が嫌いちうて、冷たい手で触られることほどキライなものはないわけよ。(笑) さわってもいいのは「額」くらいかなぁ。私のほうは、普段でも暖かい(ココロが暖かいからね)けど、フトンの中で熟成された暖かさなので触られると氷点下くらいに感じるんだなぁ。当然目も覚める。しかし、やめてくれないんだ。(T_T) ヤツは起こすためじゃなく、自分の手を温めるためにしているとしか思えない。寝起きでパワー全開できないのを知っててやる確信犯なのだ。(怒) しかもそうすることが何よりキライなのも知っているわけよ。(笑) もっとやさしく起こしてくれる嫁さんをもらうべきだったなぁと後悔する日々だす。(爆) 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする