年寄り呼ばわり

10月も終わった。今月は早いというよりも「やっと」という感じかな? 今年もあと2ヶ月で終わる。また1つ歳を取るんだな。

ココ最近、やたらと嫁さんから「年寄りくさい」と言われる。自分では何も変わった風にないと思っているのだが、その言動、しぐさ、ものの考え方あらゆる面で年寄りだという。(ソコまで言うかぁ) しかも例の事件以来ひどいという。(6月8日の日記参照) そうかなぁ?そんなでもないでしょ。どうも年寄りと言ってイジめてるらしい。(笑) 

朝のこと。今朝はなかなか起きれなかった。いつものように「ちょっぱーが待ってるよ!」という合図でしょうがなしに起きる。眠い。つかさず聞かれる。「何時に寝たん?」(うぅぅ) 「1時?2時?3時?4時?」 こんな聞き方をするのよ。(笑) 「に、2時・・。」 「ほれ、みられぇ。とっしょっり(年寄り)なんじゃから早よ寝んと!」(やかんしー) 

散歩も終わり、朝食も終え、会社に行こうと玄関へ。ちょっぱーがやってきた。防護柵に前足をかけ、後ろ足で立ち、鼻をクンクンさせてあたりを伺う。「ちょっぱーもご飯だな。よしよし。おおー、タバコが切れそう。おーーい、新品のタバコ取ってぇーー」 ドタドタ、ガサゴソ。「無いよーー」 物音からしてPCあたりを探してるな。「新品でぇーー」 ドタドタ。「あんた、新しいのって言わんかったが!」 「い・い・ま・し・たっ!」 「言ってない!」 「い・い・ま・し・たっ!」
「きぃーーー!」 ブン! おいおい、タバコを玄関の外に投げるなよ。さすが、ちょっぱー。既に落下地点に到着! クンクン、フン!(興味なし) 取ってくれよぉ。(爆) 

人を年寄り呼ばわりしておいて、耳が遠くなったんじゃないの?(笑) おまえも十分とっしょっり(年寄り)じゃー。Masayan家に老化の波が押し寄せるのだった。(爆)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする