儲け話

サラリーマン時代の同期のヤツが勤めている会社と取引関係にあるのだが、今日久々に仕事の依頼があった。依頼自体は簡単なものだったのですぐに完了。急いでいたのかすぐに車を取りに来た。来られたのはその会社の社長と奥さん。伝票処理をしている間に通り文句の「景気はどないだ?」見たいな話になる。当然よかない。向こうもそうだろう。すると話の流れから社長夫人がこう言った。「この前の話、来んかったね。」と。あぁ、そんなこともあったっけ。ウチの父や母はそんな話を知らないものだから、「何の話?」ってなもんだ。あー、聞かなきゃいいのにと思っても面と向かっては言えない。

要するに「儲け話」だ。ある商品に関する説明会に人を集めるとマージンがもらえるというお話。話を聞くのはタダだし、聞いて気に入らなければヤメればいい。気に入れば会員になりまたその商品の説明会に人を呼び込む。すると自分の収入になる。商品は自分で仕入れて売るのではなく通販で気に入った人が直接買うシステムなので元手が要らない。自分がやる気になればやっただけ入ってくるというオイシイ?お話だ。その説明会に誘われたのだが断ったわけ。その説明をここでまた始めたのだ。(ヤレヤレ)

やれ先見性があればとか、情報として話を聞くだけだとかいろいろと吹聴している。それをタダ見ていたのだが、社長夫人曰く「うさんくさい思うとるじゃろ。」 本音を突かれたので愛想笑いするしかない。(あははぁ∼) オレって顔に出るタイプなんだな。いつ何回聞いても「ネズミ講」にしか聞こえない。そんなにいいんだったら、日本国民全員が会員になるちうの。しかし、「ネズミ講」ではないという。しかも「ネズミ講」のように最初の人だけ儲かるのではなく後から会員になっても儲かると力説するのだ。(ハイ、ハイ) そんなにいい話あるかぁ?こんな時代に。

だいだいが私が一番気に入らないのは「楽」というところ。なんで「楽」して儲かるの? 汗もかかずに儲かる仕事は仕事と思っていない。勧められれば勧められるほど絶対に行くもんかと思ってしまうMasayanだった。(なんでこんなヤツばっかなの?)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム