お題『冬の私』(by 山川コロモさん)

「冬の私」はだらしない。布団からは出れないし、ストーブからは離れられない。昨日も気がつけば風呂で1時間くらい寝ていた。(笑)  

嫁さん曰く、「あんたくらいのもんじゃわ。風呂で昼寝をするのは。」だってさ。この頃、毎晩のように寝とるなぁ。こっくりこっくりして鼻から水を吸ってたりして。(ぷぷっ) この間も二男と一緒に入って、ふと誰かがドアを開けるのに気がつき見ると長男が出るトコだった。(爆) オレって一体・・・・。ちょっぱーの朝の散歩もフル防寒体制に入った。一見、ドコの雪山に行くのかという「いでたち」。帰る頃にはポカポカなんだけど、玄関から出た瞬間がね・・・。

「冬の私」は手が暖かい。常に冷えないようにしている。仕事柄手先が命なんで「ハンドクリーム」もかかせない。(爆) 普通のセッケンではないので手の油脂分も落としてしまい、ガサガサになってしまうのだ。ガサガサになった手は自分の物とは思えないようだ。ポケットに突っ込んでも引っかかるし、皮膚に当たると引っかき傷のようになってしまう。あとは「爪」。伸びてると車のカーペットなどに引っかかってすぐに割れてしまう。かといって深爪すると痛いし、作業しにくいので、適度に残すのがコツだ。この暖かい手を使って自分の冷たい手を温めようとするヤツがいる。そう「嫁さん」だ。(笑) 洗い物などで手が冷たくなると決まって手を握る。アレって本当に、心底キライなのだ。冷たい足をピトッとか、冷たい手をペタッとかやめてもらいたい。(笑) 

冷たい空気に触れ、身が引き締まる思いなどとかっこいいことは言えない。気分はそうであっても、そこで冷たい北風なんかに吹かれた日にゃ、ストーブにUターンだろうから。(冬なんてキライだぁあああ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム