ヒーロー万歳!

怜さんのサイトで今月のお題を読むと『ミラーマン』が出ていた。なつかしいなぁ。これって、結構マイナーじゃないんでしょうか? 主人公の鏡京太郎のヒーローらしからぬ弱々しさがよかったとか。女性からするとそうなんでしょうか? 私的には『いったばー』なキャラに爽快感を覚えますが・・。

弱々しいヒーローで思い出すのは、同時期の『アイアンキング』。調べると昭和47年。10歳だ。主人公は生身の人間で、アイアンキングは脇役。変身時間はウルトラマンより短い2分で水分をエネルギーとする変わり者ぶり。2分で脱水症状になるひ弱さだ。かたや主人公は巨大ロボットや怪獣を『鞭』一本で叩きのめすというヤンチャぶり。(笑) ヒーローものらしからぬコメディータッチで印象に残っている。しかし、なんで『アイアン』なのかわからんなぁ?

今は子供だけじゃなくその母親も熱狂する『戦隊』シリーズや仮面ライダーだ。ヒーローは1人で十分だと思うのだが、最近は何人も登場するし、ストーリーもやたら難解だ。水戸黄門のように単純明快なストーリーではもうウケないのか? 玩具メーカーと連動しているところもキナ臭い。視聴率と玩具の売り上げしか頭にないように思われて仕方ない。そういう私は『仮面ライダー龍騎』の途中からリタイアした1人です。(爆)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)