減らさないと・・・

今、ゴミさえも捨てられない世の中だ。ゴミも細かく分類され、粗大ゴミと埋め立てゴミの線引きはドコなんだろうと悩んでしまう。

会社の裏には、使えなくなったファンヒーターやストーブ、先日交換したコンロなどがゴロゴロしていた。年末に備えて捨てておこうということで粗大ゴミを処分してきた。西大寺という「はだか祭り」で有名な町にその施設は建設されていた。事前にTELして内容を聞くと捨てるものの品名を聞かれた。中にはそれは処分できないと言われるものもあった。えらいチェックが厳しいのだ。どうせ行くならと会社の粗大ゴミ(事務用品)も持って出かけることになった。

広大な敷地にそそり立つ淡いグリーンの建物郡。「クリーン」をイメージさせる色使いだ。コチラという矢印に沿って外周を半周。やっと入り口に到着する。ゲートで1台1台止められ、免許証を提示する。多分岡山市民かどうかを確かめているものと思われる。軽トラで行ったため、捨てるものが丸わかりだ。「むむっ」と言ったかどうか知らないが(笑)、会社の事務用品が一般ゴミでないと感づかれる。「それは・・・」と言われるまでもなく、「会社のゴミです」と自己申告する。「それは有料になるよ」「かまいません」「ほかのも・・」「違います!これだけですっ!」 ヤバイヤバイ。全部有料にされてたまるか。(ホントだし) おかげで2回廻ることとなった。建物に入る前にも係員が入念にチェックし、無線で建物内に内容を伝えている。1台ずつ建物内に入るのだが、その扉は鉄製の自動ドアだ。金掛かっとんぞっ、といわんばかりにスルルッと開く。(笑) 中ではバックで止めされられ、ゴミをおろす手伝いだ。ガッシャーン! 職員は放り投げる、楽しんでいるかのように。

このゴミもちょっと前まではすべて「埋め立てゴミ」だったろう。しかし、もう埋める場所がなくなった。昔から埋め立てゴミも持って行っていたが、すぐに場所が移動していたものだ。こんなに出るものなのかというくらいにゴミがあふれかえっていた。その上を重機が走り、押しつぶして埋め立てるのだ。もっとゴミを減らす努力をしないと今にゴミの「仕返し」を受けるに違いない。いや、もうゴミの逆襲は始まっているのかもしれないな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム