[USO] CBR250RRクラッチ調査委員会

当局では密かにMasayan氏の内偵を進めていたが、このほど調査結果が明らかとなった。CBR250RRクラッチ調査委員会の発表によると原因は「Masayan」氏本人の可能性が高いということである。
<以後詳細>

先の委員会によるとクランクケースカバー脱着後、専用工具にてクラッチセンターロックナットを外し、クラッチディスクを測定した結果、規定内の 3mm だった。(使用限度は 2.6mm) クラッチプレートの調査も同時に行われ、歪み等を検査したところ、『良好』だった。しかし、明らかに変色しており、焼けたことは間違いない。ではナゼ規定内のディスクでそのようなことが起こったのか? ここからは推測でしかないが、こうではないだろうか。

展開図

クラッチはレバーを握り、ワイヤーを介してクラッチリフターアームを動かす。このアームの回転運動を直線運動に換え、リフターピンを押し出すとクラッチが切れるという仕組みだ。このリフターアームにはリターンスプリングがついており、アーム自体にピンを打ち込んでスプリングは固定されているのだが、氏のCBRはスプリングを外した状態でアームが自由に回転しなかったという。(マニュアルには「自由に回転すること」と明記されている) つまり、ピンのデシロが大きすぎ、ケースと干渉していたということになる。もしそうだとすれば、リフターピンは干渉分しか稼動範囲がなかったということになる。それで、クラッチは滑ってないが、切れないという説明がつくのではないのだろうか? また、Masayan 氏は新品ケースを交換していることを Blog で書いている。

クラッチプレート

委員会もこの件を重く見て、Masayan氏を追及する構えだ。USO 共同は独占インタビューに成功した。

わ、わからないよ。もう3年も前のことだし。今まではよかったんだ。誤組み? い、いやー、記憶にないなぁ∼。そ、それじゃ急ぐのでこ、これで失礼するよ。

立ち去った Masayan 氏の背中に疑惑の目が向けられている。<USO 共同通信> 8)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フク@自宅 より:

    んで、直ったんかいな :?:

  2. Masayan より:

    まだっす。
    もう当分開けたくないんで、交換しとくわ。
    今日、発注。 :idea:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)