まさに悪夢

そしていつものように月曜が来て、いつものように終わっていくが、カラダの痛みが昨日のツーリングが夢ではなかったことを証明している。肩、腕、股関節といたるところで痛みが走る。しかし、どちらかというと心地いい系の痛みで、うへへ・・・痛いわくらいで済むのである。(人間って勝手だ)

昨晩、帰ってすぐ3時間ほど眠りこけたので2時ごろに床についたのだが、なかなか寝付けなかった。どうも目が冴えてしまってしかたがない。気がつくと朝だったのだが、あれが睡眠だったのかまどろみだったのか定かではない。そうだからか妙な夢を見た。いつもはまるで覚えていないのに今日のははっきりくっきりだ。

細かいあらすじは忘れたが大体こうだ。長屋のようなところに住んでいて、隣人が拳銃を拾ったと見せてくれた。これは届けた方がええでとなぜか預かり、警察にだれそれが拾って替わりに届けにきたと説明。その後、次々と隣人が謎の死を遂げるというもの。どっかの映画の台本張りのストーリー。(笑) ホントなんだってば。

ある日偶然、殺人現場を私は見てしまう。腰に青い筒をぶら下げたオトコが拳銃でバンッと撃ち殺していた。怖いので目が覚めた。なんちゅう夢やと驚いてね。でもまた、うつらうつらするわね。するとその続きから夢が始まるのよ。(ヒエーー) オトコの青い筒は何ぞや?という説明から始まった。(もうええのに) そこにはクスリ(麻薬のようなもの)が入っていて、その薬を入れるとやさしい人も凶暴になり、たとえ拳銃で撃たれようとも死にはしないカラダになるんだと。(ゾンビかい) 現場を見ていたことがバレて私が今度は狙われる羽目に・・・・。(ぎゃーー)

その結末は。。。オトコの正体は。。。。じ、次週を待て!。。。。じゃなくて、起きたんでわかりましぇん。(爆)

なんか悪いことでもあったんでしょうか?>私。 :lol:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム