『ワルキューレの騎行』って?

ドライブ中に聞く音楽で、もっとも危険な曲は、ワーグナーの『ワルキューレの騎行』である、という調査結果が、イギリスのRACファウンデーションによって発表された。

60ビート/minを超えるハイテンポの楽曲を、90デシベル以上のボリュームで聞くと、ドライバーの危険回避の動作は約20%遅れるらしい。ハイテンポの音楽を聴いていると心臓の動悸が早くなり、血圧が上がるためだという。逆に安全な曲はスローテンポの曲であるらしい。この調査団は『安全運転のためには、選曲にも気をつけた方がよい』と締めくくっている。

しかしなぁ、もっとも危険な曲がナゼ、ワーグナーの『ワルキューレの騎行』なのか? 大体どんな曲なのか思い出せない。(聞けば分かるんだろうけど・・・) ディープパープルの『ハイウェイスター』とかの方が危険そうだけどなぁ。どうなの、そのへん :?:

ソース:レスポンス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 4月15日の乱打夢さん
    さて、本日出社後に早速すること。 それはやっぱり乱打夢さんですかね。(違う) 乱打夢サイト:MMRT daily life トラックバックエントリー ワタクシも運転はよくするのですが、「ワーグ…

  2. 地獄の黙示録です
    Masayanさんの記事にTB!

    「ワルキューレの騎行」,フランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」で一躍有名になったワーグナーの管弦楽曲です。
    映画を見たことがある人な…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム