四国最南端の地へ++その2++

R56からR321へ。R321は別名サニーロード。晴天ならさぞ気持ちよかろう。鉛色の空が恨めしい。しかし、海が変われば景色も変わる。いつもの瀬戸内海じゃ見られないもんなぁ、水平線。(かなりボケてますが)

かなり予想通りに時間は経過していた。しかし、ここにきて車の数が多くなり、微妙に時間がズレ始める。足摺岬付近は交通規制がなされているらしい。が、4輪だけで2輪は岬まで乗り込むことができ、助かった。4輪の駐車場から岬まではかなりの距離がある。大変だなぁ>世のおとうさん。(笑)季節のせいか、最近行くとこ行くとこ景色が霞んでる。それでもそれなりにすごい景色だ。桂浜には「坂本竜馬」が、ここには「ジョン万次郎」が、立って太平洋を見据えている。「室戸岬」にも立ってたっけ?

サニーロードを回って「宿毛」へ。海岸線には、コーナーの頂上に展望台があることが多い。コーナーの入口、出口に進入路があるんだが、出口は入口から見えないため、危険がいっぱいだ。のろのろ何も見ずに出てくるセンティアを早く見つけられてよかった。(礼は倍返しだ) :twisted:

R321からR56に入りなおして「中村」に戻る。「Tシャツアート展」を探すのだが、わからない。この辺で総走行400キロに達し、疲れはピークに。「土佐西南大規模公園」の芝生で浮浪者と化す。(爆)まだ半分なんだぁ∼、あと400キロ走んなきゃダメなんだぁ∼。ちょっと真剣に凹んでしまった。(この時点でPM2:00すぎ) :shock:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    俺ならそこで1泊に切り替えるな。
    なんでそんなに元気なのよ :?:

  2. Masayan より:

    ん∼、なぜかな? 
    過ぎ去りし日々の時間を取り戻す・・・ためかもしれない。
    (か、かっこよかった?ねぇ?) :mrgreen:

  3. フク より:

    (゜o゜)ぽか∼ん