MSMAがMotoGPに排気量900ccを提案

モーターサイクルスポーツ製造者協会(MSMA)はホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、アプリリア、ドゥカティ、MVアグスタ、KTMのファクトリーで組織され、ライダーの安全性向上のため、07年からMotoGPエンジンの排気量を現行の990ccから900ccへと縮小することを決定した。

新世代のMotoGPマシンは将来への規定に適応するように準備が進められ、燃料タンクの容量が現行の24リットルから22リットルへ縮小。気筒数によって規定されているエンジン最低重量に関しても、07年から変更することを同時に提案する。

いろいろと指摘されていた危険性を回避するための具体的な案が発表された。ドカの記録した最高速などはF1以上に速いものだし、加藤選手の事故も影響しているのだろう。しかし、今のレギュレーションになるとき、2st500ccマシンよりちょっと速いくらいだろうと思っていたのは遠い昔。技術の進歩は目覚しく、とんでもない怪物になってしまった。一握りのライダーの能力が突出し、大味なレースになりつつあるように思う。それを止めることができるか?

ソース:motogp.com 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする