うげぇ。。。

何かする前にblogにエントリーすると、役立つ情報が得られる場合とそうでない場合があることを学習したMasayanです。(ウソウソ) そんな大層には考えていなかったのだが、3人ともそういう目にあったということは(内1人はどうか知らんが)、ちょっとは覚悟していなければならないのかも・・・。

朝8:30からということもあり、慣れない通勤ラッシュに揉まれて(車だけどね) 行ってきた。着いて程なくして別室に通され、事前準備だ。

まず、胃の中の泡を消すらしい液体を飲む。1日断食して最初に口に入れるのがこれとは悲しい。ニオイなし、味なしのドロッとした液体を一気に胃に流し込む。次に横になり、のどを麻酔する液体を注射器でのどに流し込まれる。飲み込まず3∼5分耐える。これは苦い。はっきり言って「苦痛」。糊のようだ。時間が経つにつれ、喉が太くなっていくようにもある。続いて、胃の動きを抑える注射を肩に打たれる。うぅぅ、ちゅーちゃきやい。(ナゼに幼児語?) シメはもう1度のどの麻酔だ。うげげ、やっぱり苦い。

先生登場! 横向きに丸まり、力を抜けという。これから起こることが未知のことだというのに力を抜いてリラックスなどできようはずもない。口にドーナツ状のマウスピースを咥えさせられ、小指くらいの太さのカメラの棒が喉に入っていく。先生はタイミングを見つつ、奥へとカメラを入れてるようだ。うげぇ∼と2回なったものの、順調に胃を目指すカメラ。モニターは私からは見えない。体の中心をつき進む「異物」。だんだんずぅぅんと重い痛みが走る。どうやら胃の中をくまなく見ているらしい。そして、ゆっくりと撤退していくカメラについて重い痛みが追いかける。抜き取る時にまた2回うげぇ∼となった。

胃の内部の記念写真をもらい、説明を聞く。「慢性的な胃炎」があった。ポコッと膨らんでいる部分だ。痛まなければ問題ないという。あーそうですか。(笑) 思ったよりもずいぶん早く終わるんですな。さすがはうまいという評判なだけのことはある。そんなにしんどくなかったし。これでひとまず「胃癌」の妄想からは逃れられそうだ。(爆)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yueruna1005 より:

    胃カメラお疲れさまでした∼。(笑
    私も一度飲みましたが、最中ず∼っと、涙垂れ流しでした。(泣
    …ところで、コメント書き込み欄のフォントが太くなりました?

  2. chihiro より:

    大事なくてなによりでしたね(^-^)きっとお医者の腕が良かったんですね。羨ましい・・・。私の時はそれはもう・・・(T-T)
    カメラを喉の奥につっこんでいくときに「あれ?」とかいうんですよ。「あれ?」ってなにー!?で、チューブの入りが悪いのでグリグリひねったり・・・。

    ・・・思い出しただけでえづいてきました(;゚゚)ウッ!

  3. Masayan より:

    医者の腕前で結構違うんでしょうね>うげぇ。(笑)
    chihiroさんみたいに「あれ?」なんて言われたら、チビリそうっす。
    ユエルナさんも経験済みなんですね。意外とみんな胃カメラデビュー、早いんだぁ∼。(笑)

    >コメント書き込み欄のフォントが太くなりました?
    ちなみにここ最近、なんにもしてないっす。(なんでぇ?)