CBRライト光量増量計画(試案)

昨晩どしゃ降りの中、二男のお迎えに行く時に思ったのだけど、ホントに雨の夜道は見にくい。でも、結構明るいんだわ>ヘッドライト。ハイワッテージバルブに交換はしてるんだけどそれだけぢゃない。軽だけど「マルチリフレクター」なんだよね。これが「ミソ」だと思う。

まぁ、最近のバイクに乗っておられる方には分からないと思いますが、そりゃ昔のバイクのライトの暗いことといったらもう。。。オマケにレプリカざましょ(笑)、お飾りですわ、あんなものは。ライトではなく、保安部品という扱いとしか思えない。デュアルだから2倍、2倍!なんてことはないです。

昔はライトといえば「シビエ」でしたね。あの繊細なレンズカットが美しく、夜になれば明るいところと暗いところの境界線がビシッ∼とはっきりくっきりついていたもんだ。しかし、雨の日は暗かった。繊細なレンズカットが災いし、雨粒で乱反射して光が収束しなかった。

CBRもさまざまな方法で光量アップを試みているが、決定打はない。ハイワッテージをぶち込んでライトSWの接点を溶かしたとか(リレーを追加して解決済)、H4Uをド改造するとかしてみても理想的な配光にはならない。高価だがHIDという手もある。探すと既に試された方もいらっしゃる。Go_with_CBR250RRTY1971さんだ。どうもレンズの性能がよろしくなく、暴力的な配光になるらしい。

この顔立ちが好きなので、純正と同じサイズ(直径100mm)でライトAssy(マルチリフレクター化)を交換したい。でも、ダブル球の100mmライトなんてないんだよね。NSRのライトは明るいんだろうか?(期待薄)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする