背中を押す係?!

今朝、聞きなれない着信音が携帯から流れた。「誰なぁ∼?」 後輩K?めずらしい。仕事中じゃないんかいな?業種はまったく違うが自営業で既に社長な彼。無論、MMRTのメンバーである。後輩だった?のに卒業時には同級生だったという噂もある。(爆)

彼はなかなかの逸話を持つ。大学入学時に私の下宿に越してきたとき、リーゼント頭に45度メガネでヤンキーが来たと皆を震撼させたとか、先輩の新車のZ400FXを借りたその日に廃車にしたとか、たくあん2キレでどんぶり1杯メシを食べるとか・・・。

さて、なんだろう?女性問題だろうか?(爆)なにーー!イギリス人!コイツ嫁さん子供がありながら。(うらやましいぞ) 乗り換えてもいいかな?やめとけ。外国人は金がかかるぞ。YesかNoかをオレが決めることじゃないが、後悔しても知らんぞ。と釘を刺しておいた。

なんのこたない、車の買い替えだった。(つ、つまらん) ローバー114GTIを購入するか悩んでるらしい。誰やらと同じく背中を押してもらいたいらしい。(笑) オレに現状を切々と訴えられてもなぁ。(爆) こういう場合は、ほぼ自分の中では買うぞって決めていて、第三者に「いいんじゃない?」と言われたいものなんだ。(経験上) それを分かったうえで遊んでしまう自分がきょわい。(爆) しかし、この後の反応にも2パターンある。「そ、そうかなぁ・・」と納得し始めるタイプと「いーーや!俺は買う!」と突っぱねるタイプ。どっちかってーと彼は後者だが、だったらナゼ聞く?という疑問もなくはない。(苦笑)

実際、修理したことがあるのでいろいろとアドバイスはしておいたが、きっと彼はそのうちローバーに乗ってオレの前に現れることだろう。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする