恐怖のサービス

まどさんの『プラトー』を読んでふと思い出した。

私の通っていた高校は体育の授業のなかに「テニス」(硬式)があった。男子はボルク、ジミー・コナーズ、女子はマルチナ・ナブラチロワ、クリス・エバート(ファンだったなぁ)の全盛期だったような。プロ選手のサーブってかっこいいじゃないですか。150km/hを越えるような弾丸サーブ。もちろん、昨日今日に始めた者が出来ることじゃないけど、マネしようとするのは必然なのだ。

やり始める時には、見よう見まね。説明なんか聞いちゃいない。(笑) こんな風だったなぁとトスを上げ、ラケットで叩く。おっ、この後ラケットはドコへ行けばいいの?
ええい、振り抜けいっ!
ガン!!!

何が起こったか解説しよう。(ただの恥さらしだーね)
振り抜いたラケットは、左足の膝を直撃したわけだ。(核爆)
膝に水が溜まるほど強打してしまい(2回も)、完治するのにどれほどかかったことか。ゲームが進めば進むほど、ダメージは増えていくなんてさ。(学習能力なし) 今やれば、まともに打てるんだろうか?(否)

>正しいサーブの打ち方は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まど より:

    ε=(>ε<) プッー!  あ、失礼。

    私は、力が抜け過ぎてるとよく言われます。
    省エネテニスだとも言われます。
    本人は、これでもかというほど機敏に動いて打ってるんですけど…。

  2. Masayan より:

    >本人は、これでもかというほど機敏に動いて打ってるんですけど…
    まどさん側のコートは水中って事はないですよね・・・。( ̄ー ̄)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム