サーブのアルコキー

アルコキー

14日、サーブはアルコール検知器連動イモビライザー『アルコキー』を発表した。ドライバーが呼気検査をして、なおかつアルコール量が規定値以下でないとエンジンがスタートしない仕組み。現在、試験中だが好成績だという。

そこまでするか。欧州では飲酒運転が常習化しているのか?世も末って感じだ。普通なら盗難防止に使われる「イモビ」だが、ちょっと違う使い方だね。まぁ、シラフの同乗者が吹けばエンジンスタートするんだろうけど・・・。:roll:

「イモビライザー」とは?キーに埋め込まれたトランスポンダ(電子チップ)の個有のIDコードと車両側コントローラのIDコードを電子的に照合し、IDコードが一致すれば点火しエンジン始動するが、一致しなければ点火せずエンジンが始動しない仕組み。たとえ車の盗難を狙う犯人が複製したキーで車内に侵入できたとしても、このキーを使ってエンジンをかけて走り出すことはできない。

ソース:レスポンス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム