「汗」もしたたる・・・

どうして暑いと疲れるのでしょう?ここ数日、平年より5℃くらい高い最高気温を観測中の岡山県。体温に気温が近くなるにつれ、体はだるく頭はボーっとしてヤル気も失せるという3重苦。若い子は体温が低いというが、もっと「しんどい」ってことかしらん?おまけに汗もあまりかかないと聞くが、どうなんざましょ?

私なんか、まず朝のちょっぱーの散歩で一汗かく。朝から日差しがキツイのなんの。(もっと早起きすりゃいいって?) 朝食で水分補給を出た以上にし、午前中の仕事でそれがすべて汗に変わる。でも、午前中は水分補給しなくても持つんだよね。

昼食時にお茶を浴びるほど飲む。(爆) 飲まないとご飯が喉に通らないんだよ。そして、午後の仕事でどれだけ体には水分があるんだ?ってほどに汗をかく。目は痛くて開かないわ、肘をつけば汗で滑るわ、袖で汗をぬぐうから肩周りの動きが取れなくなるわでもう大変。汗をガンガンかくからといって、新陳代謝がよくなってるなんて気も起きない。もう、ただただうっとおしいだけ。

うっとおしいんだけど、これが「ビール」をおいしくさせるんだな。(そこへくるか・・) あぁ、別に浴びるほど飲みません。そんなに稼いでないんで・・・。 :oops:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする