日々ブログ

ここもそうだが、blog界全体的に更新数が減っているような気がする。bloglinesで拾う新着は以前よりかなり数字が少ない。ドンっと増えていることもあるが、たいていそういう場合は、MTユーザーが3.0にバージョンアップして再構築した時と相場は決まっている。(決めるなよ) いずれにせよ暑いせいか、忙しいせいかどっちかなんだろうな。

前にモダシンさんのエントリーで見たのだが、

現時点ではブログを認知していない人のほうが7割以上を占めていることがわかった

もう、70へぇくらい驚いた。(苦笑) そんななのか? もう100%に限りなく近く、知っているもしくは使っているような気でいたから。7割以上知らないって、ほとんど知らないってことだよねぇ。そんなもんですかねぇ。(あと2つくらい追加で『へぇ∼』押したろか)

エントリーする以外にも、このツール(ここはWordPress)をこねくり回すのがおもしろいやね。まるでエンジンのECU(エンジンコンピューターユニット)のロムを書き換えているような感覚。(って、やったことないが・・・) 変なところを弄ると、とんでもないことになるのも同じかも・・・。(ー”ー;)

普通のシンプルなHPもいいんだけど、多機能な装備満載のblogに今は夢中なのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    ブログってなに:?:

  2. Masayan より:

    日記形式のWEBサイトは海外ではWeblog(ウェブログ)、またはBlog(ブログ)と呼ばれ、個人のユーザーを中心に盛り上がっています。もともとはアメリカを中心とした海外のインターネットユーザーたちが、インターネット上で見つけたおもしろいコンテンツやニュースに対してメモ(ログ)をつけだしたのが始まりのようです。
    これらの記録にサイト運営者のコメントがつけられ、運営者を中心としたユーザー間でコミュニケーションを行うための便利なコンテンツとなりました。日本でもニュースに運営者のコメントを添えた個人運営サイトは以前から存在していましたが、これらのコンテンツも一種のBlogといえそうです。

    さらに、HTMLやプログラムにそれほど詳しくない人でも簡単なインターフェースでBlogを作成できるサービスがアメリカで開始されたのに伴い、プログラマーやエンジニア以外のユーザーのBlogが急激に増えました。もともとはインターネット上のニュースやコンテンツに限定した内容でしたが、現在は様々な内容のブログが存在しています。日本でも同様のサービスがどんどん開始されています。

    なんだと。 :lol: