風雲急を告げると言うではないか

Touringの帰路。運悪く夕立に出会ってしまい,ゴロゴロぴかりと雷も鳴り始めました。さて,次のそれぞれの状況下で,落雷の危険性が高いのは何番のライダーでしょう?

(1)カッパを着込まずに金具のついたジャケットのまま走り続けるライダー

(2)ナイロン製の雨具を着込んで,ゴム長靴を履いたライダー

(3)バイクを降りて,東屋の軒先で雨宿りをしているライダー

答えは・・・・、(1)∼(3)どれも落雷の危険度は変わらないそうです。(驚)

メルマガの◆オートバイ旅倶楽部◆に載っていたんだけど、(2)なんか、さも安全そうに思えたんだけどなぁ。(ゴム長はありえんが・・・)

雷鳴下のオートバイや自転車は,落雷の危険度からいえば,ズバリAクラスになるのです。雷鳴下に広い原っぱでポツンと立っているのと変わらない危険度とか。

マジですか。稲妻より早く走るぜっ!みたいなノリは通用せんということですな。(バカ)

早めにバイクを降りて、バイクから離れ身を低くするのが正解だそうだ。ちなみに雷雲の速度:時速10∼40kmで、雷までの距離=340m×光ってから鳴るまでの秒数なんだと。光ってから鳴るまで3秒だとすると約1km離れたところに雷雲があるということだ。直線1kmなんてあっという間なのですばやく対処したほうがよさそうだ。

この季節は雷が多いので、皆さんもお気をつけあそべ。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いちごう より:

    2週間ほど前の雷雨の中、自転車で帰宅中、30m先の電柱に落ちました。 :shock:
    火花が飛んで綺麗だった∼!って危うく死ぬところでした。 :cry:
    ほんと危険です。

  2. Masayan より:

    おしかった・・・ :mrgreen: 、いやいや危なかったですね。
    私は未だに落ちたところを見たことがないんですけどねぇ・・・。