無想花

疲れ果てて布団に大の字になり、目をつぶると目の奥がジーーンとする。砂の嵐の暗闇の中に入っていく。そのままでいると時々自分の体が回りだすような錯覚に陥る。ゆぅーくりゆっくりと回転を始めるのだ。時には上へ、時には下へ。

しばらくすると回転は止まる。回っている状態が好きなので、意識的に回そうとする。回れ回れ回れぇーー。 :idea:

失敗してきりもみになったりもするが、それはそれでまたよし。そうして、深いところに落ちていく。

回しているときに話しかけられたりするとダメだね。この世に?戻ってきてしまう。

こういう寝方はアリですか? :?:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする