オヌシ、できるな。

最近、ちょっぱーをあまりかまってやってなかったので、お詫びの意味を込めてちょっぴり散歩を増量した。こういう親心がわかってんのかねぇ、あの「毛むくじゃら」。 :idea: いつものほぼ倍の距離を歩いたのだが、彼はなんともない様子。今日はいつになく気温が高いようで、汗びっしょりになってしまった。

ビーグルの血を引くからかどうかはわからないが、警察犬のごとくニオイを嗅ぎながら前進また前進。気になるニオイはとことん調べ、テコでも動かない始末だ。下ばかり見てないで、前を向いて、たまにはオレのほうに愛想してくれよぉ。でも、家に近づき疲れてくるとガンガン引っ張らず、横について歩いてくれる。この時なら、瞬間的にアイコンタクトも可能だ。

犬も子供と一緒で、ムチャムチャかわいい時もあれば、ムチャムチャ憎たらしい時もある。それって、多分自分のせいなんだろうなと思う。なにかを感じるのじゃないかと。つまり、私の心の中を察しているのかもしれない。1度でいいから、コイツと言葉でコミュニケーションしてみたいものだ。(文句はやめてね)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする