これはいいかも・・・

平日にもかかわらず、夕方その男は現れた。誰あろう「後輩K」だ。またまた修理していた114GTIを引き取りにはるばる電車に乗ってやってきた。既に車輌価格並みに修理につぎ込んでいる愛車114は、コレで完璧なはずである。

今回はマフラー交換。もちろん、ウチの仕事ではない。(笑)
彼の住んでいる町に修理するところがないというので紹介しただけである。買った時から穴が開いていたメインサイレンサーは、彼の手により建材ボンドで埋められていたのだが、症状は悪化の一途をたどり、穴が開いていない部分と穴が開いている部分が同じくらいになったという。(爆) 悪いことに車体側に空いているので、室内はそりゃあ、やかましい。ボーボーという廃棄音、、、排気音が共鳴し、ステレオの音すら聞こえないほどだ。

車体の中央から最後端までで、サブサイレンサー、メインサイレンサーとついているため、何気に価格が高そうである。いや、絶対に高いんだと決め付け、ワンオフマフラーを製作してもらおうという事になったのだ。(なんでやねん) そりゃ、純正よりかっこいいもんな。

純正マフラーをぶった切り、フランジをつけてステン製サイレンサーを取り付ける。言うは易いが、フランジの角度が少し変わっただけで、後端部は振ってしまうし、全周溶接すれば熱の歪みでまた変わる。要するに職人芸なのだ。

ワンオフマフラー

出来上がるとその微妙な音にインナーサイレンサーが必要かそうでないか悩む。個人的には入らないと思ったが、世間様がなんというかは知らない。とりあえず、このままで、必要なら付けようということになった。試乗すると明らかにパワーアップしている。ローギアではホイルスピンして前に進まないほどだ。(ウェット路面だったけどね) 音がまたいい。アクセルを踏み込みたくなる音なのだ。 :grin:

114GTIでさえ台数いないのにワンオフマフラーを装着しているのはキミくらいだ。メインマフラー前部が逝かないことを祈ってるよ。 :arrow-l:

【ふろく】
前回、修理したパワーウィンドウだが、整備士の名誉のために伏せておいたが(爆)、分解・組み立てした際にブラシを逆に組んでしまい、動作が逆になってしまった。後輩Kにことあるごとネタにされてはかなわないので、直しておいたことはいうまでもない。(ぐすん)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)