2004 TIロードレース選手権R7レポート

6月以来の125のレースに出場してきたので、その模様を報告したいと思います。ほとんどトラブル記ですが。。

金曜日 夜

仕事は7時に強制終了して、残っていた整備と出発準備に取り掛かる。
布団で寝て早朝出発か、深夜便車中泊かで悩んだ末、いつもと違う深夜便を選択する。
二時前にTIに到着。ゲートオープンまで睡眠を取ろうとするも、荷物満載なので運転席、しかもシートバックあまり倒れずで熟睡出来ず。。

土曜日

予約をし忘れていたので、当日で3枠取って走行準備に取り掛かる。

1本目 8:00∼(早すぎ)路面は完全ドライだが気温が低く、日陰の部分がかなりあるので攻める気になれず46秒で終了。。125では6月以来の走行だがあまりにも出来が悪すぎる。。

2本目 10:00∼日差しも出てきてコースコンディションは良さそう。しかし2周目のヘアピンで痛恨の(無駄以外の何者でも無い)転倒。 :arrow-u:  ぜんぜん攻めてはいなかったのだが、アクセルを当てた瞬間にスピンしてしまう。走行終了まで待つのは長すぎるので、下りを利用してエンジンを掛けピットに戻り破損状況を確認する。被害はカウルとステップの削れのみ。今回スペアカウルが間に合わず持って来ていないのでガムテで補修、フロント周りを緩めて締め直し、次の走行に備える。この枠は転倒者多数だった。日差しはあったが路面温度は低く、それに惑わされたようだ。。

3本目 12:00∼とりあえずマシンの状況を確認、問題は無さそうなので攻めてみるも全くタイムは上がらず 44秒で終了。。どうしても寝かしかけてからクリップまでがダメで、色々もがくも改善されずかなり凹む。。人間トラブルだ。。

4本目 13:30∼予定に無かった追加走行枠が出来たので、3秒ほど悩んだ後追加決定。いそいそと準備をして走行するも何も解決せず43秒で終了。。 :idea:

凹みまくりのまま車検に向かう。エリア選手権以上の125はライダー含めての重量制限があるので、走行後ツナギは脱がずトランスポンダのみ装着して無事車検終了。しばらくボーっとした後整備を始める。
内容はピストン交換、クラッチをばらしてメンテおよびプレート交換、ミッションもばらして1速ショートに交換、タイヤ交換、チェーン交換、リードバルブ交換、ブレーキメンテなどなど、、1速ショートは乗れていないので、ギアで立ち上がりをごまかそう作戦だ、ファイナルも1丁ショートにした。

一通り済ませてフロメシ後ピットに戻って買ってきた缶ビールを飲む。。普段は全く飲まないのだが、レース前は眠れないので睡眠薬代わりに飲んでいる。ウダウダしつつ、ふとマシンを見るとオイルが垂れてる、しかも左右2箇所、、この時点で 24時前、ぽわ∼んとなりながら原因を探す。右側はクラッチカバーのOリング噛まし、左はミッション交換時のカバー装着でシフトのシールを痛めた模様。共に凡ミスなのでまたまた凹む。。

幸いスペア部品は持っていたので、眠気と戦いながら作業に掛かる。が、、左カバーを外す時にミッションがズレてしまう。何とか元に戻らんかとしばらく頑張るがどうも無理っぽい。。もうどうでもええわ状態で現実逃避をしつつクラッチからやり直し3時位に寝ました。 :???:

日曜日

6:30 起床、眠い。しかもどんより曇り空、雨もパラつく。。予選は 9:00からなので空気圧など細かい調整をし1時間前の8時頃に暖機をするが、調子がおかしい。MJ(メインジジェット)はそんなにおかしな番手でも無いのに、いつもより千回転位回らずタコメーターの針の動き方もおかしい。とりあえずMJを絞るも変化無し、さらに絞るも変化無し。
どう考えてもセッティングの範疇では無いので、トラブルと判断しプラグを換えるも変化なし。イグニッションコイルを換えるも変化なし。あと考えられるのは昨日交換したシリンダーとリードバルブだ。シリンダーは01→02に、リードバルブはカーボンを使っていたのだが、開いていたので手持ちのノーマルに換えていた。時間がかなりヤバかったので、ウォーマーをあてつつ両方一気に換えて再度エンジン始動。直った!!ダッシュで着替えて後ろの方でコースインする。2つ前のクラスで赤旗中断がありスケジュールが押していた為、辛うじて間に合った。修復されたエンジンは絶好調!が、やはり人間トラブルは直らず :arrow-u: 42秒5で予選を24位で終える(´・ω・`)

決勝は13:00からなので食事を済ませ、ブリーフィングに行ってからサスセットを違う方向に振る事にする。リアサスを外してチェックして見ると、、なんじゃこりゃー!車高高すぎ、イニシャルぬけぬけ、伸び側ぬけぬけ、、完全雨セットのままでした。。誰やこんなんしたんと嘯きながら、ほぼ標準セットにする。これで復活なるか?

決勝

とりあえずサイティングを本気で走ってみる。お!いい感じですやん :smile:  マシンが素直にインに向いてくれる。ダミーグリッドに着いて、ガムテとエアスクリューの調整をする。今回グリッドには友人+しんばしさんが来てくれた。感謝感謝です。ウォームアップラップも本気で走ってグリッドに着きスタートを待つ。
レッドシグナル消灯でスタート!クラッチミートの瞬間はもう一つだったが、そこからの伸びは良く結構順位を上げて1コーナーに入る。マシンは良い感じになったものの、予選までとのフィーリングとの違いに順応しきれず、ミスしまくりだがタイムは早々に41秒台に入り目前の3台を追いかけ周回を重ねる。ブレーキングでは追いつくのだがヘアピン立ち上がりと、マイクナイト∼最終コーナーで離され、つかず離れずといった展開の繰り返しだったが、最後の方で急にブレーキのタッチが変わってしまい少し差が開いてしまう。しかも後ろに一台迫って来ていたらしい。(一度も後ろを見なかったので気付いていなかった)ストレートでレバーをさわって遊びを取るとタッチが戻ったので、最後の1周を頑張って走って前に追いつくも、抜くには至らずそのままチェッカー。転倒車がかなり多かったのもあって11位という結果でした。
決して納得のいく結果ではありませんでしたが、予選までの状況を考えるとまあ上出来でしょう。ラストラップに40秒3の今シーズンベストも出たので、悩んでいた次の最終戦のエントリーも済ませて来ました。

と言う事で、次頑張ります。

手伝って頂いた方々、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フク@おうち より:

    レポート早いっすねえ :shock:

    しかし、今回バタバタだったんですねえ、いつも手伝ってもらってばかりで
    応援にもいけず申し訳ないです。 :cry:

    でも上り調子で終えたみたいなんで、最終戦は期待できますね。
    いっちょぶちかましてください :cool:

  2. Masayan より:

    F氏とは一味違いますねー。 :mrgreen:

    ↑に同じで、地元なんだから応援に行きたいところだったんですが。。。 :cry:
    先週の今週はキツかったっす。

    最終戦はなんとか行けたらなと思っておりますです。 :wink:

  3. もりぞー より:

    お早いレポートで(汗 sinさんも上げてるし僕も早いとこ…。
    しかし、レーサーに比べると600なんてメンテナンスフリーみたいなもんですねぇ。 :o

  4. くろすけ より:

    記憶がなくなる前に書いてみました。
    でも走行中の記憶はありません。。いつもの事ですが。。

    フクさん、ちーと頑張って見ます。
    Masayanさん、寒いですよ∼。
    もりぞーさん、600ってクラッチは換えないんですか?

  5. もりぞー より:

    マニュアルにゃ特に○○kmで交換とかの記載はないです∼。
    僕はクラッチ使って走る乗り方ですが滑る気配がないとこみると結構頑丈?
    えっ?そう言う問題じゃないって?
    けど、もう2シーズン使いっぱだし、プレート交換くらいはやっても良いかも。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム