絶対テンポ「116」

『絶対テンポ』って聞いたことある?
知らなかったんだけど、「この音楽を聞くとなんとなく作業がはかどる」「なんだか落ち着く」曲なんかには一定の法則があるという。

絶対テンポ「116」といい、1分間に116カウントするテンポの意味。

イチローやタイガー・ウッズなど一流選手のスイングや一連の動作には一定のテンポがあり、それがテンポ116だったという。さらには声明(しょうみょう)や数え歌など音楽性のもの、またベテラン職人の動きのように長い間の経験により形成され体内に刻み込まれたテンポまでもが、なんと116(もしくはそのちょうど半分の58)の速さであることが判明。

よくこんな法則を見つけるものだ。感心するわ、まったく。
このテンポが妙にハマるわけは、人の体内時計と月(MOONね)の1日のながさがほぼ同じだからだそうだ。

この偶然の効用を最大限に生かそうと生み出されたのがテンポ116のヒーリング音楽。東京都の区役所では、緊張感を和らげようとテンポ116のオリジナル曲を採用。その他、高齢者・障害者施設、フィットネスクラブ、銭湯など、さまざまな商業用施設でも利用されている。

もう知らぬ間に活用されているんだね。耳のサブリミナル効果版みたいだ。
必ず落ち着くとか効率が上がるわけじゃないんだろうけど、自身の実力以上のものは出ないのであしからず。 :arrow-l:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きのうの!?
    つづきです。メトロノームを探している途中で「絶対テンポ」なるものを知りました。最近 αーリポ酸 を取り上げた、某テレビ番組「あ○ある」でも紹介されたようです。集中力の向…

  2. 片岡慎介 より:

    はじめまして。”テンポ116”の片岡慎介です。この度は”テンポ116”をご紹介頂きありがとうございました。私の誕生日は2月6日です。こちらも不思議なご縁ですね。先ずは御礼まで。今後とも宜しくお願い致します。