AlfaRomeo33

アルファロメオ33 ワゴン

もう日本ではかなり希少ではないかと思われるアルファ33。しかも「スポーツワゴン」だ。端正なBODYは、イタリアのカロッツェリア「ピニンファリナ」のデザインで当時のアルファの流儀のより直線基調だ。何が変わってるかって、エンジン。アルファと言えば、4気筒ツインスパークかV6エンジンを思い出すが、コヤツは「水平対向4気筒」なのだ。結構、軽く回ってレスポンスもいい。ちなみに「スバル」のような感じ(ドロドロ調)ではない。

水平対向エンジン

水平対向エンジン好き。補器類がエンジンの上に乗っているんで、整備性がいい!(へへへっ)

向こうのエンジンって何でこんなに吹け上がりがいいかね?しかも回転の「落ち」も早いんだ。日本のエンジンはエアでも吸ってるのか?ってくらいじんわり下がってくるよね。アレは好きじゃない。そういう細かい部分が積もり積もって、fan to driveに繋がるんだと思う。とにかく、回して楽しいエンジンの車はいいっ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする