多忙と腰痛の関係

いろいろと忙しくなってきた。今日から今月末までクライアントの県内拠点を行脚の予定。ほぼ毎日、早朝から半日の間だ。普段は、朝早くからblogチェックして、コーヒーなんぞ飲んでゆったりもったりしてたというのに朝っぱらからせわしなく、お出かけ準備をせにゃならんとはね。おじさんは、寂しいよ。

寂しいといえば、今日念願の?病院に行ってきた。初めて行く整形病院だ。受付ぎりぎりに飛び込んで見てもらう。先生は自分とタメくらいだろうか? こう言っちゃあなんだが、「頼りなさそう」な第一印象だ。一通り診察してもらい、レントゲンを2枚。

長い間の力学的ストレスによるもので、腰痛の過半数を占めます。原因としては長時間の筋疲労、悪い姿勢に加えて、骨の老化があげられます。20歳代から関節のサビツキ現象が徐々に始まります。慢性の腰痛症は膝や足、首や肩の疾患を引き起こしやすくします。

まぁね、中腰が仕事のスタイルだから「腰痛」とは切っても切れない仲ってわけだ。

映し出された背骨の写真は、経年変化と妙な姿勢で負荷をかけてた蓄積が画像となっているようだった。つまり、単なる「腰痛」。妄想大魔王が言う様な「ヘルニア」や「坐骨神経痛」の類いではなかった。 :idea:

しかし、なんだね。最近の病院ってのは、治療法を自分で決めなきゃならないんだね。痛み止めの内服薬がいるか?シップの種類は?塗り薬がいい?注射打つ?リハビリする?等々・・・。オレはねぇ、先生に言って欲しいわけよ。このシップ、貼っとけ!すぐ直るぞ!とか、注射打っていくか?ちょっと痛いけどな・・・とか。昔の先生って、そんな感じだったよねぇ。

あと、薬局は院内にあるのが「楽」・・・。別々に支払いすると損した気分になる。 :oops:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)