西暦2038年問題

経過秒数で表す時刻データに、4バイトの符号付き整数を使っている場合に、本来数字の正負を判断するために使う部分まで時刻を表示するために使わざるを得なくなり、C言語を使って開発したシステムをUNIX環境で利用している場合に、グリニッジ標準時の2038年1月19日3時14分8秒を過ぎると、システムが正しく時刻を認識できなくなる問題の俗称。
【マルチメディア・インターネット事典】

おおぅ、そんなこと知らなかったぜぃ。2000年問題は騒がれた割にたいしたことなかったけど、今回の問題はどうなんかいな? それにしても33年後?微妙ですな。生きているんだろうか?(爆)

それ以前に自分的には2005年8月13日が迎えられるかどうか問題をクリアしないとな。orz

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする