海を眺める

小豆島といえば・・・

▼オリーブ:小豆島オリーブ公園
▼素麺:小豆島手延素麺協同組合
二十四の瞳
▼さる:寒霞渓

そんなことしか思いつかない。あまりに近いのでわざわざ渡ろうとも思わなかったし、なんせフェリー代がバカ高い。「高松」に渡るより高いのだから困ったものである。しかもなぜか「高松」に渡るより時間がかかる。海流のせいなのか、フェリーの性能差なのか定かでないが・・・。

KiraKira

フェリーに乗り遅れ、プチ観光。なかなか島内の道路は面白い。かなり回り込んだコーナーが多いし、ロケーションもいい。海岸線も峠道も。バイクで来りゃ、1日楽しめるかも・・・。

最上階展望スペース

OLMPIA DREAMにて帰る。いつもは疲れているし、手持ちぶさた(※)なので、客室で寝るか、車から降りずに寝るかしてた。(どうあっても寝るんやね) しかし、昨日は出張中盤戦の山場を越えた安堵感からか、屋上の展望スペースで1時間10分の間、ボッーとしてた。

天気は良かったのだが、景色は霞んで遠くまで見通せない。360度パノラマ風景を見渡すとホントに船が多い。ざっと数えても20隻は下らない。狭い瀬戸内海でコレだけの船。信号機が必要なのでは?と思ったほどだ。現に航路を横切る、塞ぐ船が何隻かいて汽笛を鳴らされていた。

空を見るとはるか彼方に入道雲、頭上にはウロコ雲。夏と秋が混ざっている。海の上だというのにトンボや蜂?が海を渡ってゆく。結構な航続距離をお持ちのようで・・・。

こんな風に海を眺めるのって久しぶり。エアコンの効いた客室にいるより、気持いいじゃないの。景色を撮影したいならやはり冬なんだろうな。しかし、冬にこのデッキにいると寒くて死ぬだろう。こんな季節だからこそだ。かなり日も傾き、まぶしい海面を見ているとうつらうつらしてくる。海風を浴びて転寝。あぁ、こんな時間はなかなか取れない。

そして、フェリーは「現実」という港に着いた・・・。

【手持ちぶたさ】 (替誤科)・・・間違えてませんか? :mrgreen:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. くろすけ より:

    毎日お疲れ様デス。

    カンカケーは車で行きましたよ、ごっつい前ですけど。コーナーのRが小さいんで、楽しめるかどうかは?です。探したら面白い道はありそうでしたが、グループ観光やったので・・残念。

    手持ちブタさん、アウトー!で覚えてください。 :mad:

  2. くろすけ より:

    リンク、投稿後に見ますた。。 :arrow: :arrow:

  3. Masayan より:

    カンカケーに幼少の頃行ったんですが、あそこの猿に
    散々やられたらしいですわ、ウチのバーチャン。(笑)

    希望としては、大観音像の頂上に登ってみたいですな。(ミーハー)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)