ミエナイチカラ

バイクにまつわるあれこれ 「力と服従」

ちょっとパターンは違うが、反応しました。

先日のこと。取引先のお偉いさんから、お客を直接やるので車を見てやって欲しいと頼まれた。個人的にそのお方が好きではないのだが、しょうがなく、了承する。

待つこと1時間。パールに輝くF30系セル○オがやってきた。19インチホイール、車高調。お決まりのパターンだ。男が2人、降りてきた。恰幅のいい30代くらいの男と、若いおとなしそうな兄ちゃんだ。何の説明も要らない見るからに危ない系の方々らしい。

実は車は「セ○シオ」ではなく、「レク○ス」だった。しかもアメリカ国内仕様。つまり、ライトの常時点灯を消してくれというわけだ。エンジンをかけると既にハイビームが点灯、ロービームが点灯するまで消えることはない。これはかなり対向車は迷惑だ。どうすればいいか?よくよく考えるとハイビームはH7バルブなので、配線は2本。通常は電流が流れっぱなしで、ロービーム点灯時だけ流れない。この配線を切れば無論点灯しなくなるが、肝心のハイビームは永遠に点灯しなくなる。すなわち、車検に通らない。何かしらのコントロールユニットが介在し、信号だけ送り、リレーにて制御しているに違いない。こんな高級車にはよくあることだが、配線をエンジンルームに1本通すだけでもエライ苦労するのだ。ましてや、トヨタといえど逆輸入車。配線図は出してくれまい。加えて、そーゆー方々だし。 :cry:

丁重にお断りする。「これが普通なわけなかろう。」「対向車からパッシングされてかなわん。」やんわり、「どーしてくれるんなら!」という主張が伝わってきますがな。もう、しょうがないので「トヨタ」へ行くことをお勧めする。たぶん、門前払いだろーが、「トヨタ製」を盾にかなりゴネる予感大。ああー、悪いなぁと思いつつも、そう自分の口は言葉を発していた。だいたい、トラブると今後の仕事にも影響するし、まず自分の身が危ない。まぁるく納めようと防衛本能が働くのだ。なさけなくもあり、しょうがなくもある。その日のメシがまずかったのは確かだ。 :idea:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. nozzzy より:

    お仕事柄,いろいろと大変そうで…。
    私は幸い,仕事上ではそうした方々とお会いする機会はほぼ皆無なので助かっていますが…。
    もし私が当事者だとしても,到底「毅然とした対応をとる」なんて言い切れません。言えませんが,腹が立ちます。だから,できればソーッと復讐できないか,とか考えます。

  2. Masayan より:

    なにげに大変です。
    そーゆー人ほど車にはうるさいですし、岡○はそーゆー人が多いらしいし。

    でも、はっきりと意思を伝えることが大切だと思います。
    のらくらと対応しているとそこを攻撃されますから・・・。

    >できればソーッと復讐できないか・・・
    後ろから殴ってやりますか・・・・。 :!:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム