[1-5] Aコース見参!

教習時間前に教官から「乗車・降車手順」の項を読んでおくよう指示される。今日は教官について「Aコース」の手ほどきを受けることになるらしい。

まず、相方「鳶系」青年が実際に乗車・降車をやってみる。横で私はそれをチェックするというもの。相方は、うろ覚えで間違い連発。違う箇所を指摘している私はこれで覚えられるとほくそえむが、彼と交代すると間違い連発。orz 降車はわりと覚えやすいのだが、乗車∼発進はなんだが順序がチグハグになる。う∼ん。 :?:

そこそこで、コースに出る。ポイントポイントで停車して、教官から説明を受ける。見通しの悪い交差点、スラローム、クランク、S字、坂道発進等が織り交ぜてある。右折前のコース変更や方向指示器のタイミング等の細かい指示。

そんなことをして一周したら、もう残り時間あと5分。ホントに教習中の時間は早く経つ。残りは、スラローム、一本橋、波状路の練習。こりゃ、コースをしっかり覚えないと・・・。[4日目終了]

【番外編】
日曜に復習。(笑)
久々にCBRに火を入れる。まずは、乗車・降車の練習だ。会社の装備をフル活用し、手順の箇所とコース図をコピーし、ラインペンでチェックチェック。乗車のたび、降車のたびにチェックチェック。とりあえず、自信がついたら、CBRを引っ張り出し、会社の前で8の字やら一本橋をイメージし、練習。

CBRの場合、ハンドルをフルに切るとタンクと手とハンドルが隙間なく、非常に違和感がある。コイツでのUターンが実は嫌いだった。でも、教習を受けてみて、扱いが若干上達している。CBRでそんな練習しようとも思わなかったし、する必要もなかった。別に渋滞でも両足で漕いでいけたからね。(爆)

しかし、キャパシティがやはり250cc。低速がまったくなく、エンスト連発。セパハンでこれをやるのも、ちと辛い。う∼、CB750、誰か貸して・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)