[2-4] 駆け抜ける歓び

どこかのバイクのキャッチコピーのようですな。いやいや、まさにそんな気分。

今日、明日と担当教官が営業のため欠席。(そんなのありか?) んなもんで、臨時教官に教わることに・・・。あまりにもやり方が変わったら、イヤだなと思いつつ、いやいやあの教官より下はなかろう・・・(失敬)・・とも思いつつ、指導を仰ぐ。

この時間からAより難しいと評判のBコースが始まる。その前にまた3兄弟で体をほぐす。引継ぎで何か情報が伝わっているのか、一本橋の出口でストップウォッチ持参で待ち構えている。うむむ・・・。や、やってやろうじゃんか。健闘むなしく、ポテッ・・・。 :oops:

「そんなに遅くなくていいよ、もっとスーッと渡って見ましょう。」

などと声をかけてくれる。(コレが指導だと思う) 勿論早く渡るなら私も落ちることはない。8.8秒。へぇ∼、あれくらいで8.8なのか。体感5秒だな。どうも私の中の時計は、10秒が永遠だったらしい。

「つま先を閉じてちょっと力を入れる感じで行ってみてください。」

おおー、アドバイスだ。(どんな教官だったんだ?) 真ん中くらいまでスッと行き、ブレーキを引きずったままで回転上げ上げ、半クラッチ。おお、安定。 :cheesy: しかし、あの教官が見たらなんと思うかねぇ?ずいぶんカンジの悪い生徒だな>オレ。 :mrgreen:

今までどーなのよ?というくらいスムーズに出来る。大体、10秒も越えてるしね。スランプがウソのようだ。昼間ってのが効いてるんだろうか?(わしゃ、鳥目か) やれば出来る子だったのね>オレ。 :mrgreen:

Bコースも2周回って雰囲気は掴んだ。Bコース以上に一本橋が何よりうれしい収穫だったよ。
[7日目続く]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. neck より:

    指導者もかなり影響しますよね・・・臨時万歳!って事ですかね。苦笑。 :cheesy:
    あ、いつまで経ってもどうにもならなかったので、引っ越してみました。
    暫くはこっちで書きます・・・(トホホ)

  2. Masayan より:

    おお、neckさん。
    feedは拾えないし、サイトはないし、どーしたのかと思いましたよ。 :shock:
    引越ししてたんですねー。 :smile:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム