[補習] 失意の雨が降る

1時間の補習を受けなければ、次の検定を受けれない。で検定失敗直後、次の検定の日を確認し、前の日の夜に補習を受けれるよう予約する。帰ってから、週間天気予報を見ると補習日は雨の確率50%だった・・・。orz

補習日まで3日空く。大げさに言うと失意のどん底であった。なにゆえ、10万払ってこんな惨めな思いをしなければならないか。あぁ、あのお金をCBRのサスのOH代にすればよかったかな?と超後ろ向きな思いが駆け巡る。しかし、今更取り返しのつかないこと。潔く次に望もうじゃないですか・・・という気持になるのに3日かかった。(苦笑)

当日、午前中から降り始めた雨は夕方にピークを迎える。かなり、大降りだ。雨だとわかっているのにカッパを着てバイクに乗るのは復活後初めてだ。

雨とはいえ、今日の課題が「急制動」になるのはわかりきっていた。規定制動距離は伸びるが、ウェットの恐怖感に勝てるのか? 誰やらと違って、「雨」は大嫌いだ。それは雨天走行の絶対的経験不足がそう思わせていた。

まず、課題3種で体をほぐす。念入りに一本橋練習する。これまた、50:50の確率で失敗する。雨のせいで普段よりまわりが暗いせいか? ホントに暗いとやりにくいというのが実感だ。落ちるたびに例の教官は、「落ちてちゃダメですよー。」 もっとなぁ、こういう原因でダメだからこうしなきゃくらい言えんのか。 :evil:

さて、急制動。すっかりハマってしまった感があるのだが、自分なりに対策を考えてみた。まず、早めに40km/hを出す。このコースは、急制動開始ポイントまでが短い。開け開けでいかないと40km/hに達しない。何度も試すが、速度を意識するあまりブレーキングがムラムラになる。やはり、雨のせいでフロントをきつくかけれない。リアがロックしているのがわかる。

メーター読みではどうみても40km/h前なのだが、40km/hを知らせるランプは点灯しているらしい。どうせ、40km/hに達しないorブレーキング早すぎは「やり直し」なのだから、メーターに頼らず、体感40km/hで突入することにする。停止線重視。試験中止事項さえしなければいい。なんとしても完走するのだ。

決意は立派なのだが、結果は伴わない。ほとんど停止線を越えている。そのうち、教習終了。明日はこんな酷い天気じゃないはず・・と慰めてみても、不安は拭えず。 :arrow-u:
[10日目終了]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フク より:

    雨の日は新品レインタイヤ買わなきゃ、俺見てそう思ったろ :mrgreen:

  2. Masayan より:

    確かに。 :idea:
    でも、休憩時間10分で交換はできんわな。 :lol:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)