余部は遠く・・[前編]

『思い立ったが吉日』とはよく言うが、ありゃ嘘です。やはり、事前の準備はしておいた方がいいようですよ。 :lol:

だいたい自分の中では、日帰りできるエリアというのがおぼろげながら決まっていて、東は「琵琶湖」あたり、西は「北九州」あたりと考えているわけです。実はここに大きな落とし穴があって、これらの地区は高速道路を使用することが大前提なわけですよ。ところが今回の山陰方面だと、行こうと思えば「播但道」となるのでしょうが、気持的に目的地へ直線で目指すじゃないですか。(えっ?) 結果的に、久しぶりのALL下道はキツかったでおじゃるよ。

これもかなりツーリングに出かける際に進路に大きく影響することなんだが、嫁さんが横から口を挟むんですわ。それも行き先に関係なくね、「ここへ寄ってきて」とか。(笑) 今回の指令は、赤磐市のパンフに載っていた「ゆるぎ岩」。

[赤磐市]ゆるぎ岩(ユルギイワ)

ご神体の「ゆるぎ岩」は、重なった岩がわずかな支点で支えられているだけで仕掛けはなく、落ちそうで落ちないところから受験生に人気があります。

この「受験生」に反応したんだと思うのだが、ここへ行って願掛けしてこい・・ちうわけですな。通り道にならないこともないし、よろしゅおま。行ってきまひょ。

朝、8時に出発。楽勝で現場には9時ごろ着きましたよ。ところが・・・

ハチ・マムシって・・・ようやくたどり着いた

矢印の方向に「道」はなく、ただの山。まぁ、獣道らしきものはあるが、まさかねぇ。近所で草刈をしているおじさんに突撃インタビュー。

「あのぉ∼、ゆるぎ岩ってこの上にあるんですか?」

「ほぉ∼、そこから登っていったところじゃ。一本道じゃから・・・」

や、やっぱ、ここを登るのね・・・。 :arrow-u:

「やっぱり、歩いて登るんでしょうね?!」

「バ、バイクじゃ行けんぞ。」

いやね、ほかに道があるのかと思いましてね・・・。(ガクッ・・)

黒装束なんで「蜂」はヤバそうですが、マムシは自信あり。ブーツと革パンツでは毒牙もかなうまい、ふふふっ。そんな自慢も獣道の前に脆くも崩れ去った。し、しんどい。タバコもやめて心肺機能も良好なはずなのにぜーぜーはーはー。これが「動悸息切れ」ちうヤツですか? 大方、30分くらいかかって着いてみたら、荒れ放題の神社が・・・。う∼ん、そら来んわな、これじゃ。一応、あれやこれやと願をかける。こんなところだからこそ、なんだか願いが叶う気もしなくはない。 :wink:
[続く]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)