スキヤキの魔力

昨日のスキヤキに若干の具をインストールして昼食となす。とはいえ、昼食にしては豪華である。昨夜、少ない肉の争奪戦が繰り広げられたことは記憶に新しい。 :mrgreen:

突然疑問が浮かび、嫁に問う。

ま:「しらたきと(糸)コンニャクはどう違う?」
嫁:「わからん。」

これで会話が切れ、また黙々とスキヤキを食す・・・。

突然、神のお告げがあり、何者かがのり移ってこう叫んだ。

ま:「しらたきは白い!こんにゃくは黒い!元は同じ!?」
嫁:<黙々と食し続ける>
ま:「・・・・・・。」
ま:「受け答えせぇーーや。無視すんなや。」 :mad:
嫁:<爆笑>

バ、バカだ・・・。 :idea:

こんなことがあり、調べてみると・・・

「糸こんにゃく」と「しらたき」論争

昔は両者の製法が違っていたし、一般的に、しらたきは糸こんにゃくより細くて白い滝をイメージするようなもの、ということになりそうですね。 ところが、日本こんにゃく協会に取材してみると、なんと!「現在では、はっきり区別できる要素はない」ということでした。

どうも、現在では同じもので、関西と関東で言い方が違うだけ・・みたいな解釈でよろしゅうございますかね?

ところで、上記リンクで「カンカンガクガク」とありますが、わたしゃ、「ケンケンガクガク」と思っていたのですが、どう違う?(って、もうええねん!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする