あぁ、勘違い・・

一般的に基礎の基礎、基本中の基本というものは、「あ∼、わかってるさ。」と思いがち。しかし、その常識がもし間違っていたとしたらどうでしょう? あな恐ろしや。 :lol:

プラグメーカーが想定する寿命は、普通乗用車で1万5000∼2万km、単位排気量あたりのパワーの大きい軽自動車は7000∼1万km、4輪に比べて常用回転域が圧倒的に高く、圧縮比も高いバイクは、走行3000∼5000kmが交換の目安。

そ、そんなに短かったっけ?

角が落ちた上に、中心電極が短くなり、外側電極が先に行くほど薄く摩耗していたら寿命。よく中心電極と外側電極の隙間、いわゆるプラグギャップが広がっていたら、外側電極を曲げて調整する、と言われるが、角が落ちた時点ですでにオイシイ時期は終わっているので、交換を考えた方が賢明。

この冬にCBRのプラグも点検しなきゃな。当分外してない。でも、始動性が悪いのは、バッテリーが寿命に近いせいですからぁ∼!

一般に絶縁体がキツネ色だとベストで、白いと焼けすぎ、黒いとカブリ気味と言われるが、一般路をメインに走っていると、乾いた黒から良くて褐色。2ストロークエンジンだと、全体に湿気た感じの褐色、というのがほとんど。実はそれで正常なんです。「キツネ色がベスト」というのは有鉛ガソリン時代の名残で、現在の無鉛ガソリンでは、白あるいは灰色がベストな焼けとされている。その白や灰色の焼けも、高速道路をしばらく全開で走った後ぐらいにしか出ません。原則として全開全開のロードレースでも、プラグやピストンヘッドの正確な焼けを見るためには、チェッカーフラッグを受けた後に、そのコースのいちばん長いストレートの終わりで、全開状態からアクセルオフと同時にキルスイッチでエンジンを止めないといけないぐらいなので、一般路メインの走行でまともな焼けが出なくて当然なのだ。

キツネ色説は今や迷信なんか。私らの世代までかな、有鉛が売られていたのは?(苦笑)

火花が強くなることで燃焼効率が上がり、エンジンの能力を100%引き出してくれるかもしれないが、101%になることはない。

つまり、高性能プラグを入れてもパワーアップすることはない。が、低中回転域での失火が減りスムーズに回転があがるため勘違いするらしい。

ちょっと「目から鱗」 でした。 :arrow-u:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    プラグ?駄目になったらヤスリで電極磨くんちゃうの :cool:
    エッジが出来てしばらくもつよ、すぐに駄目にはなるけど
    CB50はしょっちゅうやってたなあ :lol:

  2. Masayan より:

    やってたなぁ、溝つけたりして。 :eek:
    なんか、いい燃焼してるって自己満足がいいんだよね。 :mrgreen: